2006年10月20日 08時00分 公開
PR

モバイルSIPスタックに完全対応した最新ソリューションとは?モバイルのフルIP化時代はすぐそこに!【後編】

第1回では、次世代の通信インフラ「IMSネットワーク」の現状と、そのネットワークで実現する新たなアプリケーションの一例を解説しました。それでは、IMSネットワークで実現可能なアプリケーションにはどのようなものがあるのでしょうか。音声とデータ通信が融合したシームレスなサービスの最新動向を紹介していきます。

[TechTarget]

NMSコミュニケーションズ株式会社

営業部長

渡辺 康治氏

【専門分野:モバイルソリューション・プラットフォームソリューション全般】

日本HP、日本ルーセント・テクノロジーを経て2003年NMSコミュニケーションズに入社。『Open Access』開発プラットフォーム製品、エコーキャンセレーション・ボイスエンハンスメント製品の販売を担当。現在は、上記製品に加え、モバイルアプリケーション製品の日本での展開を手がける。


 フルIP化された次世代ネットワークの「IMSネットワーク」。日本でも徐々にその形が見え始めてきました。しかし、それだけではエンドユーザーに魅力が伝わりません。キャリアは、IMSネットワークならではの付加価値を提供する必要があるのです。新たなネットワークをエンドユーザーに「見える」形で提供するためには、ビデオシェアリングのような、世界でニーズが高まるマルチメディアサービスが求められています。

 IMSアプリケーションの「ビデオシェアリング」や「Active PhoneBook」を利用すれば、それらのサービスを簡単に提供することができます。また、プログラミング可能なAPIが公開されているため、拡張性が高いこともIMSクライアントの特徴と言えるでしょう。これらのメリットを十分に生かすことが、次世代ネットワークにおける競争を勝ち抜く鍵になるはずです。


制作:ITmedia +D 編集部