2008年03月21日 19時40分 UPDATE
ニュース

NEWSウティマコの統合セキュリティスイート、外部メディアとの暗号化データ交換に対応

統合型セキュリティ製品スイートの新バージョン「SafeGuard Enterprise 5.21」を発売。リムーバブルメディアを透過的に暗号化し、セキュアなデータ交換を実現する「SafeGuard Data Exchange」を追加した。

[TechTarget]

 認証・暗号化ソリューションを提供するウティマコ セーフウェアは3月21日、統合型セキュリティ製品スイートの最新版「SafeGuard Enterprise 5.21」の販売を開始した。

 SafeGuard Enterpriseは、認証、暗号化、ポリシー管理といった機能を提供し、PCやリムーバブルメディア上の情報を包括的に保護する製品。モジュールの組み合わせで機能を構成する方式により、企業の規模やニーズに合わせた拡張が可能だ。

 新バージョンでは、既に発売されている「SafeGuard Management Center」と「SafeGuard Device Encryption」のモジュールに加え、新たに「SafeGuard Data Exchange」モジュールを追加。このモジュールでは、PCとリムーバブルメディアとのデータ交換を暗号化し、組織内外でのデータのやりとりをセキュアに行える。また、システム管理者、セキュリティ管理者、監査担当者、一般ユーザーなどの権限をActive DirectoryやPKI(Public Key Infrastructure)と連携して集中管理する機能を装備した。Windows Vista Enterpriseなどが備える暗号化機能BitLockerも統合管理できる。

 価格はSafeGuard Device EncryptionとSafeGuard Management Centerの組み合わせで1ライセンス当たり1万6800円(1000ライセンスの場合)。SafeGuard Data Exchangeは同日より6カ月間、特別キャンペーンとしてSafeGuard Device EncryptionとSafeGuard Management Centerの購入ユーザーに無償で提供される。

関連ホワイトペーパー

暗号化 | 認証 | 情報漏洩 | PKI | Windows Vista


ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。