ウティマコの統合セキュリティスイート、外部メディアとの暗号化データ交換に対応NEWS

統合型セキュリティ製品スイートの新バージョン「SafeGuard Enterprise 5.21」を発売。リムーバブルメディアを透過的に暗号化し、セキュアなデータ交換を実現する「SafeGuard Data Exchange」を追加した。

2008年03月21日 19時40分 公開
[TechTarget]

 認証・暗号化ソリューションを提供するウティマコ セーフウェアは3月21日、統合型セキュリティ製品スイートの最新版「SafeGuard Enterprise 5.21」の販売を開始した。

 SafeGuard Enterpriseは、認証、暗号化、ポリシー管理といった機能を提供し、PCやリムーバブルメディア上の情報を包括的に保護する製品。モジュールの組み合わせで機能を構成する方式により、企業の規模やニーズに合わせた拡張が可能だ。

 新バージョンでは、既に発売されている「SafeGuard Management Center」と「SafeGuard Device Encryption」のモジュールに加え、新たに「SafeGuard Data Exchange」モジュールを追加。このモジュールでは、PCとリムーバブルメディアとのデータ交換を暗号化し、組織内外でのデータのやりとりをセキュアに行える。また、システム管理者、セキュリティ管理者、監査担当者、一般ユーザーなどの権限をActive DirectoryやPKI(Public Key Infrastructure)と連携して集中管理する機能を装備した。Windows Vista Enterpriseなどが備える暗号化機能BitLockerも統合管理できる。

 価格はSafeGuard Device EncryptionとSafeGuard Management Centerの組み合わせで1ライセンス当たり1万6800円(1000ライセンスの場合)。SafeGuard Data Exchangeは同日より6カ月間、特別キャンペーンとしてSafeGuard Device EncryptionとSafeGuard Management Centerの購入ユーザーに無償で提供される。

関連ホワイトペーパー

暗号化 | 認証 | 情報漏洩 | PKI | Windows Vista


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...