2013年10月30日 08時00分 公開
特集/連載

Salesforceの添付ファイルを暗号化してAWSに保管できる「CipherCloud」クラウド向け暗号化製品紹介:CipherCloud編

複数のクラウドサービスのデータ暗号化機能を持つ「CipherCloud」。Salesforce CRMやChatterの添付ファイルを暗号化してAmazon S3へ保管することも可能だ。製品の特徴を紹介する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 SaaSに預けるデータを暗号化したり、複数のクラウドサービスにまたがって暗号化データをやりとりしたい。こうしたニーズに応えるクラウド向け暗号化製品が、サンブリッジが提供する「CipherCloud」(開発:米CipherCloud)だ。IaaSのみを対象としていたり、単一ベンダーのSaaSのみを対象とするクラウド向け暗号化製品が多い中、CipherCloudは複数ベンダーのIaaS、PaaS、SaaSで利用できるのがウリだ。

何ができる製品か:クラウドへ送る前にデータを暗号化

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...