2007年05月07日 20時13分 公開
ニュース

NEC、電子メール自動暗号化システムを発売NEWS

NECはPCサーバ「Express5800/120Ri-2」と電子メールフィルタリングソフトウェア「GUARDIANWALL」および電子メール暗号化製品「PGP Universal」の3製品を組み合わせた「メール自動暗号化システム」の販売を開始した。

[TechTarget]

 NECは5月7日、同社の提供するPCサーバ「Express5800/120Ri-2」とキヤノンシステムソリューションズの電子メールフィルタリングソフトウェア「GUARDIANWALL」、PGPが提供する電子メール暗号化製品「PGP Universal」、これら3製品を組み合わせた「メール自動暗号化システム」を同日より販売開始したと発表した。

 本ソリューションはGUARDIANWALLの個人情報検査機能により電子メールをフィルタリング時に識別し、個人情報や機密情報を含む疑いのある電子メールをPGP Universalが自動的に暗号化して送出するというもの。ユーザーの判断ではなくシステムで一括して暗号化を行うため、電子メール利用者の操作負担や管理コストを軽減し、個人情報や機密情報を含む疑いのあるメールを漏れなく暗号化できるという。これにより企業は、ネットワーク経由での情報漏えいリスクを軽減できるとしている。販売価格は、ハード、ソフト合わせて500万円(税別)から、出荷時期は6月1日を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...