2007年05月07日 20時13分 公開
ニュース

NEC、電子メール自動暗号化システムを発売NEWS

NECはPCサーバ「Express5800/120Ri-2」と電子メールフィルタリングソフトウェア「GUARDIANWALL」および電子メール暗号化製品「PGP Universal」の3製品を組み合わせた「メール自動暗号化システム」の販売を開始した。

[TechTarget]

 NECは5月7日、同社の提供するPCサーバ「Express5800/120Ri-2」とキヤノンシステムソリューションズの電子メールフィルタリングソフトウェア「GUARDIANWALL」、PGPが提供する電子メール暗号化製品「PGP Universal」、これら3製品を組み合わせた「メール自動暗号化システム」を同日より販売開始したと発表した。

 本ソリューションはGUARDIANWALLの個人情報検査機能により電子メールをフィルタリング時に識別し、個人情報や機密情報を含む疑いのある電子メールをPGP Universalが自動的に暗号化して送出するというもの。ユーザーの判断ではなくシステムで一括して暗号化を行うため、電子メール利用者の操作負担や管理コストを軽減し、個人情報や機密情報を含む疑いのあるメールを漏れなく暗号化できるという。これにより企業は、ネットワーク経由での情報漏えいリスクを軽減できるとしている。販売価格は、ハード、ソフト合わせて500万円(税別)から、出荷時期は6月1日を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...