2007年05月07日 20時13分 公開
ニュース

NEC、電子メール自動暗号化システムを発売NEWS

NECはPCサーバ「Express5800/120Ri-2」と電子メールフィルタリングソフトウェア「GUARDIANWALL」および電子メール暗号化製品「PGP Universal」の3製品を組み合わせた「メール自動暗号化システム」の販売を開始した。

[TechTarget]

 NECは5月7日、同社の提供するPCサーバ「Express5800/120Ri-2」とキヤノンシステムソリューションズの電子メールフィルタリングソフトウェア「GUARDIANWALL」、PGPが提供する電子メール暗号化製品「PGP Universal」、これら3製品を組み合わせた「メール自動暗号化システム」を同日より販売開始したと発表した。

 本ソリューションはGUARDIANWALLの個人情報検査機能により電子メールをフィルタリング時に識別し、個人情報や機密情報を含む疑いのある電子メールをPGP Universalが自動的に暗号化して送出するというもの。ユーザーの判断ではなくシステムで一括して暗号化を行うため、電子メール利用者の操作負担や管理コストを軽減し、個人情報や機密情報を含む疑いのあるメールを漏れなく暗号化できるという。これにより企業は、ネットワーク経由での情報漏えいリスクを軽減できるとしている。販売価格は、ハード、ソフト合わせて500万円(税別)から、出荷時期は6月1日を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...