2012年05月30日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドDBの暗号化技術も進化【製品動向】処理高速化や導入負荷軽減が進む「データベース暗号化製品」

企業情報システムの要であるデータをサイバー攻撃から守るのが「データベース暗号化製品」である。本稿はデータベース暗号化製品の機能トレンドや今後の方向性などをまとめた。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 データベースのオブジェクト全体や表単位、カラム(列)単位で暗号化する「データベース暗号化製品」。最近のデータベース暗号化製品は、パフォーマンスへの影響や導入時の負担を軽減する機能強化が急速に進む。

 本稿は、データベースセキュリティに関する業界団体データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)のデータベース暗号化WGリーダを務める高岡隆佳氏の話を基に、データベース暗号化製品を取り巻くトレンドを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...