2012年05月30日 09時00分 公開
特集/連載

【製品動向】処理高速化や導入負荷軽減が進む「データベース暗号化製品」クラウドDBの暗号化技術も進化

企業情報システムの要であるデータをサイバー攻撃から守るのが「データベース暗号化製品」である。本稿はデータベース暗号化製品の機能トレンドや今後の方向性などをまとめた。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 データベースのオブジェクト全体や表単位、カラム(列)単位で暗号化する「データベース暗号化製品」。最近のデータベース暗号化製品は、パフォーマンスへの影響や導入時の負担を軽減する機能強化が急速に進む。

 本稿は、データベースセキュリティに関する業界団体データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)のデータベース暗号化WGリーダを務める高岡隆佳氏の話を基に、データベース暗号化製品を取り巻くトレンドを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...