日本セーフネット、レイヤー2暗号化装置の10Gbps対応モデルを発売NEWS

セキュリティとパフォーマンスを両立するインターネットVPN構築用アプライアンスに新モデルが追加。10Gイーサネットでも高速な暗号化通信が可能になった。

2008年10月16日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本セーフネットは10月15日、イーサネット暗号化アプライアンス「SafeNet Ethernet Encryptor」(以下、SEE)に10Gbps対応モデルを追加したと発表した。

画像 SEE 10Gbps対応モデル

 SEEは、レイヤー2でイーサネットフレームを暗号化する装置で、プロトコルに依存せずにセキュアなインターネットVPNを構築できる。VPN構築にIPsecを用いないため、音声(VoIP)などによるショートパケット送信時の遅延が発生しないという特徴がある。メトロイーサネットやDWDM(高密度波長分割多重)/ダークファイバー、SONETなどに対応し、高速なデータ転送を要求されるディザスタリカバリ網のセキュリティ強化にも適用できる。

 従来10Mbps/100Mbps/1Gbps対応モデルが用意されていたが、今回新たに10Gbpsの高速ネットワーク対応モデルが追加され、10Gイーサネットでも利用できるようになった。インタフェースはXFP(ファイバー)または銅線。暗号化にはAES、SHA-256を使用する。

 価格はオープン。本体のポリシー管理には専用のWebベース管理サーバ「Security Management Center」が必要となる。

関連ホワイトペーパー

暗号化 | VPN | アプライアンス | ディザスタリカバリ


ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...