日本セーフネット、レイヤー2暗号化装置の10Gbps対応モデルを発売NEWS

セキュリティとパフォーマンスを両立するインターネットVPN構築用アプライアンスに新モデルが追加。10Gイーサネットでも高速な暗号化通信が可能になった。

2008年10月16日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本セーフネットは10月15日、イーサネット暗号化アプライアンス「SafeNet Ethernet Encryptor」(以下、SEE)に10Gbps対応モデルを追加したと発表した。

画像 SEE 10Gbps対応モデル

 SEEは、レイヤー2でイーサネットフレームを暗号化する装置で、プロトコルに依存せずにセキュアなインターネットVPNを構築できる。VPN構築にIPsecを用いないため、音声(VoIP)などによるショートパケット送信時の遅延が発生しないという特徴がある。メトロイーサネットやDWDM(高密度波長分割多重)/ダークファイバー、SONETなどに対応し、高速なデータ転送を要求されるディザスタリカバリ網のセキュリティ強化にも適用できる。

 従来10Mbps/100Mbps/1Gbps対応モデルが用意されていたが、今回新たに10Gbpsの高速ネットワーク対応モデルが追加され、10Gイーサネットでも利用できるようになった。インタフェースはXFP(ファイバー)または銅線。暗号化にはAES、SHA-256を使用する。

 価格はオープン。本体のポリシー管理には専用のWebベース管理サーバ「Security Management Center」が必要となる。

関連ホワイトペーパー

暗号化 | VPN | アプライアンス | ディザスタリカバリ


ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。