NTTコミュニケーションズ、グループや端末単位での暗号化通信を可能にするVPNサービスNEWS

端末にIPv6アドレスを付与することで個別の暗号化通信を可能にする、次世代オンデマンドVPN「マルチポリシーVPN for OCN」サービスの提供を開始

2007年08月24日 19時19分 公開
[TechTarget]

 NTTコミュニケーションズは8月23日、グループ/端末単位での暗号化通信ができる次世代オンデマンドVPN「マルチポリシーVPN for OCN」サービスを8月24日より提供開始すると発表した。本サービスは、インターネット上で容易に端末同士の高度なVPNの設定・管理を行えるというもの。ユーザー宅内に専用の暗号化装置(CPE)を設置し、その配下の端末にIPv6アドレスを付与することで、個別の暗号化通信が可能となる。また、接続先の変更作業は同社のネットワーク内に設置する「ポリシーマネージメントサーバ」にユーザーがWebブラウザからアクセスして行える。

 グループや端末単位での暗号化通信が可能となるため、拠点間・企業間など複数のネットワークにまたがる端末間でも、ユーザーのニーズに応じたセキュリティコントロールを実現するとともに、アクセス回線の集約化によってコスト削減も期待できるとしている。また、同社がIPv6を活用するために独自開発した「m2m-x技術」を活用したポリシーマネージメントサーバにより、VPNの設定や暗号化を自動化。これまで各拠点で個々に必要だったVPN装置の設定変更作業をインターネット上から行えるため、作業の効率化も期待できるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...