2021年11月12日 05時00分 公開
特集/連載

消えたら困る「Slack」のメッセージやファイルを残すには?「Slack」のバックアップ手段を考える【前編】

ビジネスチャットツール「Slack」で送受信したファイルは自動的にバックアップされない。Slackのデータをバックアップするにはどうすればいいのか。役立つ方法を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Slack | バックアップ


 「Slack」はファイルのやりとりにも使える便利なビジネスチャットツールだが、Slackで送受信したファイルは自動的にバックアップされない。残念なことに、Slackのバックアップは忘れられがちだ。「Slackをバックアップする方法を知らない」「データ保護の責任が自社にあることを認識していない」「Slackのバックアップは必要ないと考えている」などが主な要因だと考えられる。

 Slackのチャンネル(話題単位の小グループ)には重要なファイルやメッセージが含まれている可能性がある。そのためSlackのデータを確実に保護することが重要だ。

 普通のバックアップツールは基本的にはSlackをバックアップ対象にしていないため、Slackのバックアップには対策が別途必要になる。どのような選択肢があるのか。主要な2つの方法を紹介する。

Slack用のバックアップツール

 Slack用のバックアップツールは、Slackの契約を解除するか、Slackにアクセスできなくなったユーザー企業が特に重宝する。

 代表的なSlack用のバックアップツールはBackuperyの「Backupery for Slack」だ。このツールは、Slackで送受信した非構造化データ(特定の形式で管理されていないデータ)をエクスポートして保管できる。非構造化データには、PDF、画像、音声、動画などが含まれる。Backupery for Slackは、SlackからエクスポートしたデータのHTML形式への変換が可能だ。エクスポートは、指定日時に実行することも、手動で実行することもできる。

 Devartのデータ管理サービス「Skyvia」も、Slackのデータのバックアップと復元に使える。

オープンソースツール

 ほとんどのユーザー企業にとって、Slackのバックアップに適した選択肢は商用ツールになると考えられる。だがオープンソースのツールを使用することも可能だ。

 「Slackhog」はSlackのバックアップができるオープンソースツールの一つで、Slackのチャンネル、グループ、インスタントメッセージなどのデータをバックアップできる。コマンドラインツールを使用して、プログラミング言語PythonのプログラムでSlackのデータをバックアップする方法もある。これらはオープンソースツールの数例にすぎない。「GitHub」などのソースコード管理サービスでは他にもさまざまなツールが公開されている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...