2021年05月19日 05時00分 公開
特集/連載

「Discord」「Slack」が攻撃者に悪用され始めた“納得の理由”狙われるコミュニケーションツール【前編】

セキュリティ研究機関の報告書によると、新型コロナウイルス感染症の拡大の中で、「Discord」「Slack」などのコミュニケーションツールの悪用が目立ち始めている。なぜ狙われるのか。攻撃手法はどう変化したのか。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に便乗して、コミュニケーションツールを悪用した攻撃が活発になっている。Cisco Systemsのセキュリティ研究機関Cisco Talosが2021年4月に公開した報告書によると、パンデミックが始まって以来、ゲーマー向けボイスチャットツールの「Discord」やビジネスチャットツールの「Slack」といったコミュニケーションツールを利用した攻撃が目立ち始めている。テレワークへの一斉切り替えと同時に、業務遂行のためにコミュニケーションツールへの依存度が高まったことを同報告書は背景に挙げる。

「Discord」「Slack」などのコミュニケーションツールが悪用される“あの理由”

 Cisco Talosは、パンデミックが続く中で、複数の攻撃者集団が新しい働き方に合わせて戦術や手口を変えたと推測する。目的はマルウェアの送り込み、情報窃取、標的デバイスの乗っ取りなどだ。攻撃者集団は以下のマルウェアを用いる。

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。