「Discord」「Slack」が攻撃者に悪用され始めた“納得の理由”狙われるコミュニケーションツール【前編】

セキュリティ研究機関の報告書によると、新型コロナウイルス感染症の拡大の中で、「Discord」「Slack」などのコミュニケーションツールの悪用が目立ち始めている。なぜ狙われるのか。攻撃手法はどう変化したのか。

2021年05月19日 05時00分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に便乗して、コミュニケーションツールを悪用した攻撃が活発になっている。Cisco Systemsのセキュリティ研究機関Cisco Talosが2021年4月に公開した報告書によると、パンデミックが始まって以来、ゲーマー向けボイスチャットツールの「Discord」やビジネスチャットツールの「Slack」といったコミュニケーションツールを利用した攻撃が目立ち始めている。テレワークへの一斉切り替えと同時に、業務遂行のためにコミュニケーションツールへの依存度が高まったことを同報告書は背景に挙げる。

「Discord」「Slack」などのコミュニケーションツールが悪用される“あの理由”

 Cisco Talosは、パンデミックが続く中で、複数の攻撃者集団が新しい働き方に合わせて戦術や手口を変えたと推測する。目的はマルウェアの送り込み、情報窃取、標的デバイスの乗っ取りなどだ。攻撃者集団は以下のマルウェアを用いる。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。