2018年06月21日 12時24分 公開
特集/連載

「LINE」の会話が盗聴される? チャットツールを脅かす脅威特選プレミアムコンテンツガイド

チャットツールを標的としたマルウェアが、これまでに幾つか発見されてきた。安全なコミュニケーションを妨げかねない、こうしたマルウェアがもたらす被害とは。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「LINE」「Skype」といったチャットツールは、今や日常的なコミュニケーションになくてはならない存在となった。企業内、企業間でのビジネスチャットも浸透し始めており、ヘビーユーザーの中には「チャットツールなしでは、仕事がスムーズに進まない」と考える人もいるだろう。

 チャットツールの利用が広がるほど、その影響や深刻さが増大するのがセキュリティの脅威だ。実際、チャットツールを標的としたスパイウェアをはじめとするマルウェアが幾つか見つかっている。攻撃者がこうしたスパイウェアを悪用すれば、チャットツールで交わされたビジネス上の重要情報が流出してしまう可能性もゼロではない。

 これまでに見つかったチャットツール狙いのマルウェアは、どのような仕組みで、どのような被害をもたらすのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料では、その中から「Skygofree」「iSpy」について見ていく。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。