SalesforceのSlack買収は「Teams」打倒の決定打か、“Chatterの失敗”の再来かSlackのCEOいわく「ソフトウェア史上最も戦略的な組み合わせ」

SalesforceがSlack Technologiesを買収したことで、「Microsoft Teams」に対する「Slack」の競争力が強まる可能性があるとアナリストは予想する。ただしSalesforceにとっては、買収は常に成功だったとは限らない。

2021年01月12日 05時00分 公開
[Maxim TamarovTechTarget]

 salesforce.com(以下、Salesforce)は、2020年12月1日(現地時間)に発表したSlack Technologiesの買収によって、Microsoftのサブスクリプション形式の製品・サービス群「Microsoft 365」に対して新たな攻勢を仕掛けた。Microsoft 365の中には、Web会議やビジネスチャットを含むユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」(以下、Teams)がある。

Salesforceの企業買収が想起させる“Chatterの失敗”

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...