2020年12月22日 10時30分 公開
ニュース

SalesforceがSlackを277億ドルで買収へ Slackを「Customer 360」のUIにTechTarget発 世界のITニュース

SalesforceはSlack Technologiesを277億ドルで買収すると発表した。CRMサービス群「Customer 360」のUIにSlackを採用するなど、Salesforceが提供するクラウドサービスと「Slack」との連携を進める。

[Don Fluckinger,TechTarget]

 salesforce.com(以下、Salesforce)は2020年12月1日(現地時間)、ビジネスチャットツール「Slack」を提供するSlack Technologiesを277億ドルで買収すると発表した。両社は買収に関する最終契約を締結済みで、Salesforceは同社会計年度の2022年度第2四半期(2021年5月〜7月)までに買収を終える見通しだ。

Salesforceにとって過去最大規模の買収案件

 Salesforceは自社のクラウドサービスとSlackとの連携を進める他、同社のCRM(顧客関係管理)サービス群「Customer 360」のユーザーインタフェース(UI)にSlackを採用する。同案件の買収が成立すると、Salesforceにとって過去最大規模の買収案件になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news181.jpg

価格上昇を実感、「スーパーマーケット」や「ガソリンスタンド」で約8割――CCCマーケティング総研調査
ティッシュ・トイレットペーパー、ガソリン、さらにはペットフード、ネット代やスマホ代...

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。