マルウェア「TrickBot」にUEFI/BIOS脆弱性を検出する新モジュール 研究で明らかにTechTarget発 世界のITニュース

「TrickBot」を用いた攻撃者は、Microsoftなど各社の遮断措置により活動を停止したとみられていた。しかしUEFI準拠ファームウェアやBIOSの脆弱性を検出する新モジュールの存在が明らかになった。

2020年12月21日 10時30分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

関連キーワード

マルウェア


 セキュリティベンダーのAdvanced IntelligenceとEclypsiumは2020年12月3日(現地時間)、情報窃取機能を持つマルウェア「TrickBot」がファームウェアを標的にする機能を持ったと明らかにした。2020年10月にはMicrosoftが他数社と共にTrickBotの動きを遮断する措置を実施。一時的に攻撃活動は止まったかのようにみられたが、攻撃者はTrickBotを更新し、新しい機能を追加していた。

UFEIに仕掛けられたコードはOSの再インストール後も残る

 Advanced IntelligenceとEclypsiumは研究論文で、「TrickBoot」という新しいモジュールが標的デバイスのUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)準拠ファームウェアやBIOSを検査できることを明らかにした。UEFI準拠ファームウェアやBIOSは、OSの起動に必要な機能を持つファームウェアだ。攻撃者はTrickBootを利用してデバイスのUEFI準拠ファームウェアやBIOSを乗っ取り、データの読み取り、書き込み、削除を可能にする脆弱(ぜいじゃく)性を検索できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。