Next Pathway、オンプレミスDWHのクラウド移行を支援する「Crawler360」を発表TechTarget発 世界のITニュース

Next Pathwayは新たなツール「Crawler360」を発表した。「Netezza」「Teradata」などのオンプレミスのDWHやデータレイクからクラウドサービスへ移行する際の影響やコストなどを把握しやすくする。

2020年12月17日 10時30分 公開
[Johnny YuTechTarget]

関連キーワード

データウェアハウス(DWH)


 Next Pathwayは2020年11月17日(現地時間)、オンプレミスのデータウェアハウス(DWH)やデータレイクからクラウドサービスへの移行を支援するツール「Crawler360」を発表した。Crawler360はクラウドサービスのDWHやデータレイク(それぞれクラウドDWH、クラウドデータレイク)への移行時に必要となる情報を特定し、移行を支援する。

オンプレミスDWHから「Snowflake」「Amazon Redshift」などへの移行をサポート

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。