2020年12月17日 10時30分 公開
ニュース

Next Pathway、オンプレミスDWHのクラウド移行を支援する「Crawler360」を発表TechTarget発 世界のITニュース

Next Pathwayは新たなツール「Crawler360」を発表した。「Netezza」「Teradata」などのオンプレミスのDWHやデータレイクからクラウドサービスへ移行する際の影響やコストなどを把握しやすくする。

[Johnny Yu,TechTarget]

関連キーワード

データウェアハウス(DWH)


 Next Pathwayは2020年11月17日(現地時間)、オンプレミスのデータウェアハウス(DWH)やデータレイクからクラウドサービスへの移行を支援するツール「Crawler360」を発表した。Crawler360はクラウドサービスのDWHやデータレイク(それぞれクラウドDWH、クラウドデータレイク)への移行時に必要となる情報を特定し、移行を支援する。

オンプレミスDWHから「Snowflake」「Amazon Redshift」などへの移行をサポート

 Crawler360はオンプレミスのDWHやデータレイクと連携するETL(データの抽出、変換、ロード)ツール、データベース管理システム(DBMS)、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールをスキャンして、DWHやデータレイクが関わるさまざまなデータの依存関係を明確にする。これにより冗長なデータの識別やデータ移行の優先順位付けを支援する。ユーザー企業は移行における業務への影響、SLA(サービス品質保証契約)に留意しながら移行する方法、移行にかかる時間・費用などを検討しやすくなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...

news017.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...