2020年12月17日 10時30分 公開
ニュース

Next Pathway、オンプレミスDWHのクラウド移行を支援する「Crawler360」を発表TechTarget発 世界のITニュース

Next Pathwayは新たなツール「Crawler360」を発表した。「Netezza」「Teradata」などのオンプレミスのDWHやデータレイクからクラウドサービスへ移行する際の影響やコストなどを把握しやすくする。

[Johnny Yu,TechTarget]

関連キーワード

データウェアハウス(DWH)


 Next Pathwayは2020年11月17日(現地時間)、オンプレミスのデータウェアハウス(DWH)やデータレイクからクラウドサービスへの移行を支援するツール「Crawler360」を発表した。Crawler360はクラウドサービスのDWHやデータレイク(それぞれクラウドDWH、クラウドデータレイク)への移行時に必要となる情報を特定し、移行を支援する。

オンプレミスDWHから「Snowflake」「Amazon Redshift」などへの移行をサポート

 Crawler360はオンプレミスのDWHやデータレイクと連携するETL(データの抽出、変換、ロード)ツール、データベース管理システム(DBMS)、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールをスキャンして、DWHやデータレイクが関わるさまざまなデータの依存関係を明確にする。これにより冗長なデータの識別やデータ移行の優先順位付けを支援する。ユーザー企業は移行における業務への影響、SLA(サービス品質保証契約)に留意しながら移行する方法、移行にかかる時間・費用などを検討しやすくなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...