2012年12月28日 18時30分 UPDATE
特集/連載

Windows 8やWindows Phoneへの関心は薄い「Windows 8アプリは開発しない」――米Google、決断の理由

iOSとAndroidの2大モバイルOSを前に、Windowsの存在感が低下――。米GoogleがWindows 8やWindows Phone 8向けアプリを開発しないと決めた背景には、こうした現実がある。

[Valerie Sarnataro,TechTarget]

 米Googleは、GmailやGoogle Driveといったビジネス向け製品について、米MicrosoftのWindows 8やWindows Phone 8版のアプリケーションを開発しない計画であることを明らかにした。同社は、目覚しい発展を遂げるモバイル市場のニーズに対応すべく、iOSとAndroid向けのアプリケーション強化に注力する。

 英ITニュースサイトV3.co.ukのインタビューにおいて、Google Appsの製品管理ディレクターを務めるクレイ・バフォール氏が、上記のGoogleの計画とその背景を明かしている。バフォール氏によると、Googleが現時点でWindows版アプリケーションを開発しない理由は、顧客の関心が薄いことのようだ。

 V3.co.ukの記事でバフォール氏は、「Windows向けアプリケーションを開発する計画はない」と明言し、「Googleは投資先を極めて慎重に検討している。ユーザーの動きを見て判断するが、ユーザーはWindows PhoneやWindows 8に流れていない」とコメントしている。

 だがGoogleは、Windows版アプリケーションの開発を完全に放棄したわけではない。Windowsへのユーザーの関心が高まれば、Windows版のアプリケーション開発に投資をするとバフォール氏は話す。

 いずれにせよ現時点では、Windows搭載端末でも、他のメールアプリケーションからGmailを利用したり、Webブラウザ経由でGoogle Driveへアクセスできるが、Windows 8またはWindows Phone版のGoogleサービス専用アプリケーションは開発されない。

クラウドに開発を集中

 Googleは、AndroidとiOSの2大モバイルOSが市場を支配している現状を踏まえ、この両OSを搭載したスマートフォンとタブレット用のコアアプリケーションを強化するという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...