2012年12月28日 18時30分 UPDATE
特集/連載

Windows 8やWindows Phoneへの関心は薄い「Windows 8アプリは開発しない」――米Google、決断の理由

iOSとAndroidの2大モバイルOSを前に、Windowsの存在感が低下――。米GoogleがWindows 8やWindows Phone 8向けアプリを開発しないと決めた背景には、こうした現実がある。

[Valerie Sarnataro,TechTarget]

 米Googleは、GmailやGoogle Driveといったビジネス向け製品について、米MicrosoftのWindows 8やWindows Phone 8版のアプリケーションを開発しない計画であることを明らかにした。同社は、目覚しい発展を遂げるモバイル市場のニーズに対応すべく、iOSとAndroid向けのアプリケーション強化に注力する。

 英ITニュースサイトV3.co.ukのインタビューにおいて、Google Appsの製品管理ディレクターを務めるクレイ・バフォール氏が、上記のGoogleの計画とその背景を明かしている。バフォール氏によると、Googleが現時点でWindows版アプリケーションを開発しない理由は、顧客の関心が薄いことのようだ。

 V3.co.ukの記事でバフォール氏は、「Windows向けアプリケーションを開発する計画はない」と明言し、「Googleは投資先を極めて慎重に検討している。ユーザーの動きを見て判断するが、ユーザーはWindows PhoneやWindows 8に流れていない」とコメントしている。

 だがGoogleは、Windows版アプリケーションの開発を完全に放棄したわけではない。Windowsへのユーザーの関心が高まれば、Windows版のアプリケーション開発に投資をするとバフォール氏は話す。

 いずれにせよ現時点では、Windows搭載端末でも、他のメールアプリケーションからGmailを利用したり、Webブラウザ経由でGoogle Driveへアクセスできるが、Windows 8またはWindows Phone版のGoogleサービス専用アプリケーションは開発されない。

クラウドに開発を集中

 Googleは、AndroidとiOSの2大モバイルOSが市場を支配している現状を踏まえ、この両OSを搭載したスマートフォンとタブレット用のコアアプリケーションを強化するという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

Adobe幹部に聞く、マーケティングを超えた「顧客体験」の提供に企業が今取り組むべきこと
創業以来、クリエイティブ支援の会社として確固たるポジションを築いてきたAdobe Systems...

news014.jpg

「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人...

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...