2013年10月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

聖域ない仮想化を目指して全てのアプリケーションに仮想化を ミッションクリティカル対応が強化された「VMware vSphere 5.5」

VMworld 2013で発表された「VMware vSphere 5.5」は何が新しくなったのか。スケーラビリティとパフォーマンスの向上、高可用性機能など、注目のバージョンアップ箇所をまとめた。

[Nick Martin,TechTarget]

 米VMwareはVMworld 2013で、「VMware vSphere 6.0」を披露して来場者を魅了することはなかった。だが、同社が発表した「VMware vSphere 5.5」における漸進的な改良は既存の問題に対処するものであり、IT部門はこの製品を使って、より多様なワークロードを仮想化できそうだ。

 vSphere 5.5のスケーラビリティとパフォーマンスの向上を受け、「多くの企業が仮想化の最後のフロンティアであるミッションクリティカルアプリケーションやビッグデータアプリケーションの仮想化に乗り出すだろう」と、VMwareのパット・ゲルシンガーCEOは、2013年8月最終週に開催されたVMworld 2013の基調講演で語った。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...