2010年05月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第2回】VMware vSphere 4の価値を最大化する管理ツール「vSphere Client/vCenter Server」

サーバ仮想化の代表的な製品であるヴイエムウェアの仮想化統合パッケージVMware vSphere 4について、運用管理製品vCenterを中心に紹介する。

[宮原 徹,日本仮想化技術]

VMware製品群を製品とオプション機能で整理しよう

 ヴイエムウェアの製品は多岐にわたるため、名称と内容が正しく理解されていないことが多い。これは「VMware vSphere 4」(以下、vSphere 4)のような複数の製品から構成されるソリューションパッケージの名称と、「VMware ESX」「VMware ESXi」「VMware Server」などソフトウェアの製品名、そしてVMotionのようなオプション機能の名称などが入り交じっているからだ。まず、これらの名称について整理しておこう。

VMware ESXとVMware ESXi

 VMwareの仮想マシンソフトウェア製品は、大きく分けてハイパーバイザー型のVMware ESX/VMware ESXiと、ホストOS型のVMware Server、VMware Workstation、VMware Playerに分けられる。ここではハイパーバイザー型製品について解説する。

 VMware ESXとVMware ESXiは、いずれも同じvmkernelというハイパーバイザーをベースにしているので基本的な機能は同じである。両者の違いは、サービスコンソールと呼ばれる管理用のOS環境を利用できるかどうかだ。

  • VMware ESX

ローカルHDDやSANストレージなどへのインストールが必要。サービスコンソールへのログインや、バックアップツールなどのソフトウェアの追加インストールなどができる。

  • VMware ESXi

ローカルHDDだけでなく、USBメモリやSDカードなどにもインストールできるので、ディスクレス環境を構築できる。サービスコンソールが存在しないので、ソフトウェアの追加などはできない。スタンドアロンで利用できる無償版が用意されている。

 両者の機能に本質的な違いはないため、以後は両者を合わせてVMware ESXと記述する。

VMware ESXの各種オプション機能

 VMware ESXは、フェイルオーバーやライブマイグレーション、動的リソース配分などさまざまな追加機能がオプションで提供されている。運用管理上重要なオプション機能を紹介する。

  • VMware HA(High Availability):フェイルオーバー機能

VMware ESXホストに障害が発生すると、そのホスト上で動作していた仮想マシンを別の物理ホスト上で再起動する。

画像 VMware HA
  • VMotion:ライブマイグレーション機能

仮想マシンを停止せずに、異なる物理ホスト上へ移動させる。

画像 VMotion
  • VMware DRS(Distributed Resource Scheduler):動的リソース配分機能

ホストの負荷状況に応じて、新規で起動する仮想マシンを最適なホスト上に配置する。また、必要に応じて稼働中の仮想マシンをライブマイグレーションで別ホストに移動させる。

 これらの機能はあらかじめVMware ESXに組み込まれているが、ライセンスによって利用できる機能は異なる。具体的には、VMware HAはStandardエディションで使用できるが、VMotionにはAdvancedエディション、VMware DRSにはEnterpriseエディション以上のライセンスが必要となる。

vSphere Clientと管理サーバvCenter Server

 VMware ESXの管理クライアントは、「vSphere Client」と呼ばれるWindowsアプリケーションだ。VMware ESXホストがスタンドアロンで動作していても、複数台動作していても、管理作業はすべてvSphere Clientで行う。

関連ホワイトペーパー

VMware | 運用管理 | 仮想化 | フェイルオーバー


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news006.jpg

第1回 BtoBマーケティングの実践における「可視化」の目的と設計方法
BtoBマーケティングにおける「可視化」とは、顧客企業の購買プロセスを明らかにすること...

news003.jpg

第2回 技術の進化がマーケティングに与えたインパクト
第2回では、新しいKKD(「仮説」「検証」「データ分析」)が意味を持つようになった時代...

news007.jpg

第5回 Webサイトの目的を社内で共有する――他部署をうまく巻き込むには?
遠藤さんのプレゼンがいよいよ始まる。Webサイトのリニューアルプランに「ソーシャルメデ...