2015年05月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

SSL VPN製品の選択で考慮すべき4つの基準【後編】SSL VPN製品選びについてはわがままを言いたい、失敗しない見極め方とは

SSL VPN製品を評価する上で重要な基準は4つ。前回に引き続き残る2つの基準「同時接続ユーザーのサポート」と「ネットワークアクセス制御」について見ていこう。

[Karen Scarfone,TechTarget]
ttyo_20150515_sslvpn.jpg SSL VPN機能はUTM(統合脅威管理)製品に組み込まれていることも。画像は米Fortinet のUTMアプライアンス「FortiGate」《クリックで拡大》

 単体型アプライアンスや仮想アプライアンスの形で提供されるSSL VPN(SSL[Secure Sockets Layer]技術を使用したVPN[Virtual Private Network]ソリューション)製品は、機能自体には大きな差がない。異なるのは、機能がどのように実装されているのかという部分。自社のニーズに合った製品を見つけるには4つの基準がある。前回の記事(似たり寄ったりのSSL VPN製品、自社のニーズに合った製品を見つけるには?)ではそのうち「VPNクライアントソフトウェアの選択肢」と「VPNクライアントに対応するOS」について解説した。今回は残る2つの評価基準について見ていこう。

評価基準3:同時接続ユーザーのサポート

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

サイバーエリアリサーチが社名とCIを変更、Geolocation Technologyへ
サイバーエリアリサーチが、商号をGeolocation Technologyに変更。併せてCIの変更を発表...

news024.jpg

ぴあ、「チケットぴあ」などのデータを活用したプライベートDMPの本格提供を開始
ぴあは、国内最大級のライブエンターテインメントおよびレジャーのプライベートDMPサービ...

news003.jpg

中国向けビジネスはいつも想像の斜め上を行く――越境ECを阻む「3つの壁」について
大きな潜在需要が見込める一方、リスクも少なくない中国向けビジネス。今回は、日本企業...