2015年07月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

医療IT最新トピック塩野義製薬、治療タイプが分かる糖尿病患者向けスマホアプリを提供 (1/2)

増加する糖尿病患者の治療には、的確な自己分析や毎日の経過記録が重要。医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo 《クリックで拡大》

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。

 今回は、ヴイエムウェア製品を導入してプライベートクラウド環境を構築した大阪府済生会中津病院、富士通が発表した大規模病院向け電子カルテの新製品、塩野義製薬が提供開始した糖尿病患者の治療を支援するスマホアプリなどを取り上げる。

地域連携室支援サービス「れんさく君」、シーエスアイと駅探

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

サイバーエリアリサーチが社名とCIを変更、Geolocation Technologyへ
サイバーエリアリサーチが、商号をGeolocation Technologyに変更。併せてCIの変更を発表...

news024.jpg

ぴあ、「チケットぴあ」などのデータを活用したプライベートDMPの本格提供を開始
ぴあは、国内最大級のライブエンターテインメントおよびレジャーのプライベートDMPサービ...

news003.jpg

中国向けビジネスはいつも想像の斜め上を行く――越境ECを阻む「3つの壁」について
大きな潜在需要が見込める一方、リスクも少なくない中国向けビジネス。今回は、日本企業...