2015年11月12日 07時30分 UPDATE
特集/連載

個人向けの次は法人向け市場「社内にiPhone、iPad、Macがあふれる未来」にかけるAppleの新成長戦略 (1/2)

決算報告では右肩上がりのApple。iPhone 6s/6s Plusも好調だが、さらなる成長のためには法人向け市場での普及が必須だ。Apple製品に慎重な法人ユーザーの対抗策としてAppleは二大メーカーと手を組んだ。

[Ramin Edmond,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | iPad | IBM(アイ・ビー・エム) | Mac


Photo 口コミ的には苦戦している印象だが数字的には過去最高の販売数となったiPhone 6s

 米Appleは、このほど行った決算発表で、法人市場を通じて一層の成長を目指す戦略にスポットを当てた。2015年度第4四半期の売り上げは前年同期比22%増で過去最高の約515億ドル、利益は約111億ドルだった。2015年度通期の売り上げは前年比27%増の2337億ドル、利益は約534億ドルを計上した。

 米サンフランシスコで2015年9月末に開かれた米Boxのカンファレンス「BoxWorks 2015」で明らかにした通り、AppleのCEOティム・クック氏は、エンタープライズ関連事業が過去1年間で前年より40%多い年間約250億ドルの年商を上げていると説明した(関連記事:Apple ティム・クックCEOが語ったビジネス向けモバイルの“衝撃”)。同氏は、エンタープライズ関連事業を「未来へ向けた一大成長分野」と位置付けているように、モバイルエンタープライズにおけるiOS搭載デバイスの普及を今後の成長を実現するための切り札と考えている。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...