2016年01月12日 12時00分 UPDATE
特集/連載

VDI用途に適する技術的な理由も解説ハイパーコンバージドインフラ徹底比較、「SimpliVity」「Nutanix」はどう違う?

ハイパーコンバージド(超垂直統合型)インフラ市場における2強ベンダーが米Nutanixと米SimpliVityだ。Nutanixが長い実績を誇るのに対し、SimpliVityはリソース効率の高さで注目を集めている。

[Alastair Cooke,TechTarget]
参照 参照:ハイパーコンバージドの2大勢力「Nutanix」と「Evo:Rail」、違いを比較《クリックで拡大》

 米Nutanixと米SimpliVityのハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、VDI(仮想デスクトップインフラ)との親和性が極めて高い。いずれもスケールアウト型ビルディングブロックアーキテクチャを採用しているからだ。Nutanixはこの分野での実績が長く、コストとパフォーマンスの両面で安心感がある。一方、SimpliVityは1ノード当たりで多数の仮想デスクトップをサポートできるのが強みだ。

 多数の小さな仮想マシン(VM)の集合が全体として巨大なリソース要求を生み出す仮想デスクトップは、究極のスケールアウト型ワークロードだといえる。HCIはソフトウェア定義型(Software-Defined)のインフラであり、ネットワーク、ストレージ、コンピューティング、仮想化の各リソースを同じパッケージに統合する。これにより、システムにノードを追加するだけでVDIの規模を拡大することが可能になる。

 ハイパーコンバージドシステムとVDIのもう1つの合致点は、ディスクのパフォーマンスを高めるためにソリッドステートディスク(SSD)を利用することだ。VDIはストレージのワークロードが大きく、HCI製品に見られるようなストレージ階層化方式が適している。階層型ストレージは、頻繁に読み出すストレージブロックをSSDなどの高速層に移すことによって効率を高めるという手法だ。

 SimpliVityとNutanixのHCI製品は表面的には類似しているが、アーキテクチャと機能には違いがある。

ストレージ方式

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

国内通販市場は2017年に10兆円超え、ECが8割を占める
富士経済は、ECへ集約しながら成長を続ける国内の通販市場(B2Cの物販)を調査、分析した...

news015.jpg

デジタルマーケティングを構築するための定石(後編)
デジタルマーケティングの課題に対して解決策とヒントを教える書籍『デジタルマーケティ...

news042.jpg

アライドアーキテクツ、ユーザーの料理写真を活用したSNS広告サービスを提供
アライドアーキテクツとヴァズは、ヴァズが運営する料理写真投稿専用アプリ「SnapDish」...