2016年11月21日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「大学は出たけれど」とならないためにやるべきこと「最初に取りたいセキュリティ資格はこれ」、IT部門が初心者に勧める“鉄板”資格とは

サイバーセキュリティの認定資格が無数にある。駆け出しの新人が最初に取得すべき資格はどれだろうか。

[Mike O. Villegas,TechTarget]

関連キーワード

管理者 | 社員教育 | セキュリティ対策


資格取得も大事だが、なにはともあれ勉強しないことにはどうしようもない

 サイバーセキュリティは“面白い”専門職だ。サイバーセキュリティインシデントの数は増加の一途をたどっている。そのため、有能なサイバーセキュリティ専門家の需要は今後も増え続けていくという予想が多い。

 2016年1月にISACAが実施した「State of Cybersecurity Survey: Implications for 2016」(サイバーセキュリティの実態調査:2016年への影響)では、調査対象となったサイバーセキュリティ管理者とサイバーセキュリティ担当者461人の内、65%近くで同じ意見を持っていることが明らかになった。それは、「サイバーセキュリティ専門職を志願する学生には、サイバーセキュリティ業務の関連タスクを遂行する上で必要なスキルが足りない」というものだ。

 調査対象者の86%は、必須の技術スキルを伸ばす手段として研修(OJT)を利用していることも明らかになっている。2年制の専門学校や4年制の大学に通う志願者を雇用するつもりがある回答はわずか16%にすぎなかった。また、採用の38%は、スキルベースのトレーニングとサイバーセキュリティの認定資格に基づいて決めるという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

ビズリーチ青山弘幸氏に学ぶ、事業を成長させるプロマーケターの仕事術
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news075.jpg

できる営業担当者は顧客に何をヒアリングしているのか?――Emotion Tech調査
Emotion Techは営業担当者の顧客とのコミュニケーションに関する調査結果を実施しました...

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...