2017年07月05日 05時00分 UPDATE
特集/連載

サードパーティーのファイアウォールをどう使う?付属ツール「Windows ファイアウォール」の利点と限界

Windows ファイアウォールは効果的かもしれない。だがセキュリティ対策として万全ではない。サードパーティーファイアウォールは場合によっては、IT部門が必要とする追加的な保護層を提供してくれる。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 10におけるWindows ファイアウォールの設定画面《クリックで拡大》

 Microsoftは以前からWindows OSにファイアウォールを組み込んでいるが、IT部門が拡張を望み、サードパーティーファイアウォールを検討することもある。

 Windowsに対応したサードパーティーファイアウォールは複数ある。管理者が問い掛けなければならないのは、内蔵の Windows ファイアウォールを使った方がいいのか、それともサードパーティーファイアウォールを利用した方がいいのかという問題だ。

  Windows ファイアウォールは実際のところ、極めて手堅い。優れた機能を備えていて、Microsoftが全面的にサポートしている。何よりも、 Windows ファイアウォールはWindowsに含まれるので、管理者が別のライセンスの心配をする必要がない。同様に、別のソフトウェアのインストールとメンテナンスも不要だ。 Windows ファイアウォールはデフォルトでインストールされ、ユーザーに対しても単純な設定で強制的に有効にできる。

サードパーティーファイアウォールの役割

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...