2017年07月05日 05時00分 UPDATE
特集/連載

サードパーティーのファイアウォールをどう使う?付属ツール「Windows ファイアウォール」の利点と限界

Windows ファイアウォールは効果的かもしれない。だがセキュリティ対策として万全ではない。サードパーティーファイアウォールは場合によっては、IT部門が必要とする追加的な保護層を提供してくれる。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 10におけるWindows ファイアウォールの設定画面《クリックで拡大》

 Microsoftは以前からWindows OSにファイアウォールを組み込んでいるが、IT部門が拡張を望み、サードパーティーファイアウォールを検討することもある。

 Windowsに対応したサードパーティーファイアウォールは複数ある。管理者が問い掛けなければならないのは、内蔵の Windows ファイアウォールを使った方がいいのか、それともサードパーティーファイアウォールを利用した方がいいのかという問題だ。

  Windows ファイアウォールは実際のところ、極めて手堅い。優れた機能を備えていて、Microsoftが全面的にサポートしている。何よりも、 Windows ファイアウォールはWindowsに含まれるので、管理者が別のライセンスの心配をする必要がない。同様に、別のソフトウェアのインストールとメンテナンスも不要だ。 Windows ファイアウォールはデフォルトでインストールされ、ユーザーに対しても単純な設定で強制的に有効にできる。

サードパーティーファイアウォールの役割

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...