2017年07月05日 05時00分 UPDATE
特集/連載

サードパーティーのファイアウォールをどう使う?付属ツール「Windows ファイアウォール」の利点と限界

Windows ファイアウォールは効果的かもしれない。だがセキュリティ対策として万全ではない。サードパーティーファイアウォールは場合によっては、IT部門が必要とする追加的な保護層を提供してくれる。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 10におけるWindows ファイアウォールの設定画面《クリックで拡大》

 Microsoftは以前からWindows OSにファイアウォールを組み込んでいるが、IT部門が拡張を望み、サードパーティーファイアウォールを検討することもある。

 Windowsに対応したサードパーティーファイアウォールは複数ある。管理者が問い掛けなければならないのは、内蔵の Windows ファイアウォールを使った方がいいのか、それともサードパーティーファイアウォールを利用した方がいいのかという問題だ。

  Windows ファイアウォールは実際のところ、極めて手堅い。優れた機能を備えていて、Microsoftが全面的にサポートしている。何よりも、 Windows ファイアウォールはWindowsに含まれるので、管理者が別のライセンスの心配をする必要がない。同様に、別のソフトウェアのインストールとメンテナンスも不要だ。 Windows ファイアウォールはデフォルトでインストールされ、ユーザーに対しても単純な設定で強制的に有効にできる。

サードパーティーファイアウォールの役割

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

オンライン動画コンテスト「BOVA」贈賞式開催、2018年の傾向は?
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。

news103.jpg

「アドエビスリサーチ」、450万人の消費者データを活用してWeb広告やWebサイト接触者限定の調査が可能に
ロックオンは、クロスマーケティンググループのディーアンドエムと協業を発表。「アドエ...

news098.jpg

モバイルアプリ広告のYouAppi、人工知能で細かなセグメンテーションを実現するリエンゲージメント広告を提供
モバイルアドテクノロジーのYouAppiは、モバイルアプリ広告配信プラットフォーム「360° ...