2017年07月06日 05時00分 UPDATE
特集/連載

仮想ネットワーク実現の仕組みOpenStackのネットワークを支える「Neutron」と「Dragonflow」の役割とは?

OpenStackコミュニティーはソフトウェア定義ネットワーク(SDN)機能の開発を進めている。そのコンポーネントである「Neutron」と「Dragonflow」は、どのような役割を果たすのだろうか。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

 プライベートクラウド構築ソフトウェア「OpenStack」のネットワーク機能は急速に進化している。新しいスイッチやサービスオプションが次々に登場しており、例えばOpenStackのコアネットワークコンポーネントである「Neutron」は、標準化した交換可能モデルを目指して進化し続けている。これを利用すると、仮想ネットワークの機能を動的につなぎ合わせてカスタマイズしたサービスを提供する「サービスチェイニング」などの高度なネットワーク運用を簡素化できる。

 Neutronはネットワーク機能仮想化(NFV)を使用して、物理ネットワークにネットワーク抽象化層を作成する。Neutronではオーバーレイネットワークというカプセル化プロトコルが利用できる。オーバーレイ方式はネットワーク構成の自由度が高まるが、高い演算処理能力を必要とする。

 Neutronが使用するネットワークノードは大規模展開におけるボトルネックになるため、OpenStackコミュニティーはこれを解消する「Dragonflow」というサブモジュールを導入した。このSDNコントローラーはOpenStackクラスタの分散仮想ルーターの役割を果たす。DragonflowによるNeutronコードへの影響はわずかだが、これによってスケーラビリティとスピードが向上し、管理が簡単になる。その柔軟なアーキテクチャにより、拡張/縮小するクラスタの仮想LANに対応する。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...