2017年03月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

頻繁なアップデートも確実に対応「管理は難しいが役に立つ」、OpenStackを最大限活用するためのツールとヒント

企業は「OpenStack」に自由を感じているものの、管理の難しさに手を焼いている。しかし、ここで紹介するツールとヒントを使えばもっと楽に活用できるはずだ。

[Kathleen Casey,TechTarget]
OpenStackの円滑な利用には半年ごとにある新バージョンリリースのトラックが必須だ

 ベンダーロックインのリスクを回避するために、「OpenStack」などのオープンソースで提供しているクラウドテクノロジーを採用する企業が増えている。OpenStackプラットフォームは、アジャイルで柔軟性の高いIaaS(Infrastructure as a Service)モデルを提供する。OpenStackは、演算処理、ネットワーク、ストレージという主な3つのサービスで構成しており、IT担当者は3つのサービスを1つのダッシュボードで管理できる。ユーザー企業とその担当者は、インフラ、アプリケーション、データを管理できる点を評価している。

 しかし、OpenStackには大きな欠点がある。それは、OpenStackが、比較的まだ新しいため、IT担当者が複雑なテクノロジーに対処しなければならないことだ。

 50個を超えるコンポーネントで構成するOpenStackには導入を困難にする可変要素が多数ある。OpenStackの導入を困難にしている主な原因が、OpenStackのスキルを持つIT担当者の不足だ。OpenStackの管理ツールとサービスは、こうした課題の解決とサードパーティー製リソースへのアクセスにも役立つ。この記事で紹介するヒントを参考にすれば、OpenStackを導入して最大限に活用できるだろう。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...