2017年02月16日 08時00分 公開
特集/連載

OpenStackネットワークで進化するNeutronの役割Computer Weekly製品ガイド

OpenStackのクラウドネットワークモジュール「Neutron」の進展について解説する。

[Andre Kindness and Lauren E Nelson,Computer Weekly]

 一部の企業は既にOpenStackを実用化しているが、発展が遅れている分野が1つある。それがネットワークだ。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 当初はサーバ管理やストレージリソースに重点のほとんどが置かれ、当時一般的だったクラウドコンピューティングのムードを反映していた。だが、ハイブリッド環境の中枢神経であるネットワークは不可欠な存在であり、仮想ネットワークインフラ(VNI)はハイブリッドクラウドの真の柔軟性において欠けていた要素だった。

 OpenStackとクラウドの他の側面が比較的安定した状態に落ち着く中で、クラウドの世界では今、ネットワークが脚光を浴びている。OpenStackの数ある優先課題の中で「Neutron」プロジェクトが注目されている。

OpenStackのネットワーク

 OpenStackは、さまざまな中核機能をつかさどる複数のプロジェクトで構成される。広く普及して成熟度が高いプロジェクトもあれば、そうでないプロジェクトもある。

 ネットワークアーキテクチャの多様性や、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)およびネットワーク機能仮想化(NFV)のような未成熟な技術への依存、極めて単純な初期のOpenStack実装が原因で、ネットワーク機能はそれほど注目されなかった。

 OpenStackのネットワークモジュールでNFVは自動化されるが、アプリケーショントラフィックが通過する物理ネットワークインフラの設定や仮想化は行われない。プロビジョニングの接続と完全自動化を試みる場合、これは根本的な問題になりかねないが、現在市場に存在するSDNやNFVの未成熟な状態とは一致している。

 Neutronの成功は、OpenStackプラットフォーム全体の成功に懸かっている。OpenStackはプライベートクラウド市場の標準として定着した。

 OpenStack FoundationによるNeutronのサポートと認定を考えれば、先行きは明るい。もしOpenStackを使用中または使用予定があるのなら、まだ開発途上にあることを認識した上で、その中核的なネットワーク技術を使うのは当然のステップだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...