2017年07月14日 05時00分 UPDATE
特集/連載

成功企業の実例も紹介今更聞けない「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の主要技術と課題

市場の変化に合わせて、柔軟に企業のビジネスをITで変革させるデジタルトランスフォーメーション。その歴史、本質、技術、実例を紹介する。

[Margaret Rouse,TechTarget]
DXの成功事例企業として取り上げられることが多いGeneral Electric(GE)のWebサイト《クリックで拡大》

 「デジタルトランスフォーメーション」(DX)とは、モダンな技術を活用することによって企業内で製品やプロセス、戦略を変革させることをいう。

 DXでは、企業内のサプライチェーンやワークフローから、従業員のスキルセットや幅広いレベルのディスカッション、さらには顧客との関係やステークホルダーにとっての価値に至るまで、全てとはいわないまでも、大部分を検証し、つくり替えることが求められる。

 DXは、現在、そして将来的にも、顧客の需要に歩調を合わせる企業を支援する。DXでは、技術の進化に伴って常に変化する市場経済の中で、企業が競争力を高めることができる。従って、どんな企業や非営利企業や機関であれ、未来に向けて生き延びようとすればトランスフォーメーションが必要になる。

DXの歴史

 企業が成功を収めるためには市場の変化に合わせて順応する必要があり、さもなければ消滅の危機にさらされる。新興技術が自分たちの製品をいかに時代遅れにさせるかを予想できない企業は失敗し、今後も失敗し続ける。

 20世紀後半に始まり、21世紀の最初の10年で加速した社会のデジタル化は、多くの企業でDXへの意識に火を付けた。

 モバイル技術、人工知能、クラウドコンピューティングなどのデジタルイノベーションは、顧客がいち早く情報を入手する速度を激変させ、翻って顧客が接する企業や機関に対しても製品やサービスの種類や質を変化させている。

主要技術

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...