2017年12月13日 05時00分 公開
特集/連載

PCとモバイルの混在環境も管理可能デスクトップ管理ツール選定のベストプラクティス クラウド化の波がここまで来た

クラウドベースのツールが登場するまで、デスクトップ管理は比較的単純な作業だった。デスクトップ管理ツールをクラウドベースに移行させる場合、企業は選択を誤らないよう賢明な判断を下さなければならない。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 社外利用のデスクトップも、クラウドならOK

 デスクトップ管理ツールはオンプレミス、という常識はもはや過去のものだ。他の多くのツールと同様に、デスクトップ管理にもクラウドが利用できるようになった。

 もちろん、単にIT部門でデスクトップ管理にクラウドが利用できるようになったからといって、どんな場合でもそうだとは限らない。結局のところ、IT部門担当者にとっては、オンプレミスとクラウドベースの両方についてデスクトップ管理ツールの利点を評価することが重要になる。

 デスクトップ管理ツールについてオンプレミスとクラウドベースのどちらを選択するか、決定を下すに当たって、IT部門担当者はまず、それぞれのツールでどのような機能が使えるのか調査する必要がある。クラウドベースのデスクトップ管理ツールは、ほんの数年前のものと比べても格段に進歩している。一方オンプレミスのツールは、クラウドベースのツールよりも機能が豊富である。IT部門が選択した製品が、自社のニーズに合ったものかどうかを確認することが非常に重要になる。

クラウドベースのデスクトップ管理ツールのユースケース

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

地方の訪日外国人観光客誘致、80%以上が対応――訪日ラボ調べ
訪日外国人の興味関心が地方都市へと広がる中、受け入れ側の対応はどのような状況なので...

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...