2017年12月13日 05時00分 公開
特集/連載

スマートウォッチと混同するなかれ血糖値センサーや心電図モニターがウェアラブルになる未来はすぐそこ

「Apple Watch」や「Fitbit」など、ヘルスケア目的で利用するウェアラブルデバイスからのデータは、臨床現場では価値がないと専門家は言う。ただし、医療専用のウェアラブルデバイスは確かに進化している。

[Kristen Lee,TechTarget]

 「Apple Watch」や「Fitbit」などのウェアラブルデバイスは、至る所で人々の活動、心拍、睡眠パターンなどを追跡しているように見える。だが、こうしたデータは臨床現場ではほとんど評価されない。ボストンで開催された「2017 Connected Health Conference」でこう述べたのは、医療機関Ochsner Health Systemでチーフクリニカルトランスフォーメーションオフィサーを務めるリチャード・ミラニ氏だ。ミラニ氏によると、医療ウェアラブルデバイスが血糖値を測定したり、心房細動などの健康状態を検出したりできるようになれば、臨床現場でも役に立つという。

 本稿では、どうすれば医療ウェアラブルデバイスが診療現場に価値を提供できるようになるのか、そしてウェアラブルデバイスにはどのような課題があるかについてミラニ氏に質問した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...