2016年07月26日 12時00分 UPDATE
特集/連載

輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなるIoTは患者満足度を高め、治療への主体的な参加を促す――経験者が語るこれだけの理由

医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。

[Shaun Sutner,TechTarget]
イメージ

 Florida Hospital Celebration Healthに入院している患者の家族は、医師や看護師の連絡を待たずとも手術が終了したことを把握できる。それを可能にするのが医療IoT(モノのインターネット)だ。

 Adventist Health System-Florida Divisionに所属している同院では、患者が手術を受けるときにStanley Healthcare製のリアルタイム位置情報システム(RTLS)バッジを付ける。このバッジは、手術前検査室、手術室、術後回復室までの移動状況を追跡する。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...