2018年03月27日 05時00分 公開
特集/連載

Appleもビジネスメッセージングに本腰Googleが次世代メッセージサービス「RCS」で“打倒Facebook”に再挑戦か (1/2)

Apple、Facebook、Googleが、企業とコンシューマーをつなぐメッセージサービスの投入を進めている。Googleを中心に、各社の動きを追う。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]

関連キーワード

Google | Apple | Facebook | SNS


画像 Apple、Facebook、Googleがメッセージサービス市場で争う

 モバイル関連の大規模年次イベント「Mobile World Congress 2018」(MWC 2018)直前の2018年2月下旬、Googleはショートメッセージサービス(SMS)の後継と目されるメッセージサービス規格「Rich Communication Services」(RCS)に関して、通信事業者や他ベンダーとの提携を発表した。

 Googleの競合ベンダーも似た動きを見せている。例えばAppleは携帯デバイスベンダーの観点からビジネスメッセージングに取り組んでいる。同社の「iOS 11.3」プレビュー版は、コンシューマーと企業とのやりとりを想定したメッセージサービス「Business Chat」を含む。

 Facebookは傘下のWhatsAppを通じて、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセージサービスの拡充策の一環として、ビジネスメッセージングを手掛けている。具体的にはメッセージサービス「WhatsApp」の月間アクティブユーザー13億人に対して、企業がやりとりできるようにするメッセージサービス「WhatsApp Business」を公開している。

 Googleはグローバル展開を目指し、通信事業者との連携に重点を置いている。こうした各社の取り組みはどれだけ支持を得られるだろうか。コンタクトセンターはどう備えるべきだろうか。

Apple、Google、Facebookがしのぎを削るビジネスメッセージング

 Appleはビジネスメッセージングについて、同社のメッセージサービス「iMessage」の成長手段だと位置付けている。Business Chatの導入により、「iPhone」ユーザーが直接、企業とやりとりできるようにする考えだ。AppleはBusiness ChatをiMessageやWebブラウザの「Safari」、検索機能の「Spotlight」、音声アシスタント「Siri」、地図アプリ「マップ」と連携させている。

 興味深いことに、AppleがBusiness Chatの発表時にパートナーとして明らかにしたのは、LivePerson、Nuance Communications、Genesys Telecommunications Laboratories、Salesforce.comだった。いずれもコンタクトセンター分野の有力な大手ベンダーだ。

 Googleは、SNSやメッセージサービスへの参入に何度も挑戦してきたが、これらの分野でライバル視してきた企業と比べて、ほとんど成功していない。最新の試みの1つとして、GoogleはRCSに活路を見いだそうとしている。この分野を主導したい考えだ。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...