2018年05月22日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoftのユーティリティーを紹介Windows ADK、SIMなど用意 Windows 10移行を簡単にするツール4選

Windows ADKやDISM、SIMといったツールを適切に使いこなせば、IT担当者は、Windows 10に移行する際の手間をある程度軽減できる。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

 「Windows ADK」(Windows アセスメント&デプロイメント キット:Windows Assessment and Deployment Kit)から「DISM」(展開イメージのサービスと管理:Deployment Image Servicing and Management)ツールまで、Microsoftが提供する各ユーティリティーは、アプリケーションの互換性テストや、移行プロセスのさまざまな側面の自動化など、それぞれ少しずつ異なる機能を提供する。

 主要なWindows 10移行ツールの中で重要なものを幾つか把握し、この新OSへのアップグレードの管理に役立てよう。

Windows ADK

 最初に取り上げるのはWindows ADKだ。Windows ADKは名前の通りツールキットであり、この記事で紹介する他の重要ツールの一部も含んでいるからだ。具体的には、Windows ADKは、「Windows SIM」(Windows システム イメージ マネージャー:Windows System Image Manager)、「Sysprep」(システム準備:System Preparation)、DISMなどのツールから成る。IT担当者は、目的のWindows 10移行ツールを組み合わせて使い、ソフトウェアとハードウェアの互換性テストを行ってからWindows 10に移行したり、同OSの大規模な展開を自動化したりできる。

 またWindows ADKは、全てのIT担当者が知っておくべき2つのツールも含んでいる。「WinPE」(Windows プレインストール環境:Windows Preinstallation Environment)と「WinRE」(Windows 回復環境:Windows Recovery Environment)だ。

 WinPEは小さなOSであり、IT担当者はユーザーデバイスにWindows 10を展開する際に、同OSのインストーラや他のソフトウェアコンポーネントをサポートするために使用できる。またWinPEは、障害発生時にWindows 10デスクトップを修復するための緊急オプションとして使用することもできる。WinREは似た機能を提供し、IT担当者は、OSを起動してファイルの整合性などの問題をトラブルシューティングするために使用できる。

Windows DISM

 IT担当者はWindows 10を展開する前に、Windows ADKに含まれるコマンドラインツールであるDISMを使って、デスクトップイメージやドライブを操作できる。OSの機能、パッケージ、ドライバの変更や更新を行うことが可能だ。一般的に、OSのオフライン時に変更を行うが、アクティブOSセッションに変更を適用できるDISMコマンドもある。

 DISMは、イメージファイルやドライブの重要な情報も含んでいる。イメージファイルの場所がその1つだ。IT担当者がDISMを使って操作するイメージファイルは、Windows Imaging Format(WIM)ファイル、仮想ドライブ、またはHyper-V仮想ハードディスクファイルだ。

Windows SIM

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...