2018年07月18日 05時00分 公開
特集/連載

オンプレミスからオンプレミスは対象外「SAP Cloud Platform」統合ツールのメリットとデメリット (1/2)

クラウド間統合やクラウドとオンプレミス間統合にはSAP製品が最適な場合が多い。だが、それ以外に目を向ける方が良い場合もある。

[George Lawton,TechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP ERP


画像 SAP Cloud Platformの実力とは

 「SAP Cloud Platform」はさまざまな環境を統合するためのサービスが備わっている。SAPアプリケーションのエコシステムと同様、SAP Cloud Platformにも高い柔軟性を備えたツールが組み込まれている。だが、SAP Cloud Platformのオプションは複雑だ。重複するオプションもある。そのことが、業務に適切なツール選びに混乱を引き起こす恐れがある。

 SAP Cloud Platformを使ってエンタープライズ用アプリケーションを拡張する場合、SAPはガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)要件が守られている必要がある。これが、オプションが複雑になっている原因の一つだ。

 SAP Cloud Platformの統合サービスは、B2Bでのやりとり(B2Bトランザクション)などのサポートに重点を置く。クラウドで実行するSAPアプリケーションとさまざまなSaaSアプリの統合ついても同様だ。大まかにいって、統合する方法は2つある。1つはB2Bトランザクションのようなプロセスの統合。もう1つは、分析や機械学習といったアプリケーションのデータ統合だ。

多くのツールのトレードオフ

 SAP Cloud Platformの統合ツールとサードパーティーの代替製品を比較検討する際、幾つかのトレードオフを前提とした評価をしなければならない。調査会社Gartnerでリサーチ部門のディレクターを務めるマッシモ・ペジーニ氏は、メールでのインタビューに次のように答えた。「これらのサービスにはパッケージ化されたSAP SaaSアプリケーション用の統合コンテンツが用意されている。統合をより簡単かつ迅速にできる。なお、SAP SaaSアプリケーションには『SAP S/4HANA Cloud』『SAP Ariba』『SuccessFactors』『SAP Hybris』などがある。SAPは、これらの資産から最適なものを迅速に見つけ出せるようにAI支援によるツールを提供している」

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。