2018年08月07日 05時00分 公開
特集/連載

Salesforce.comとしのぎを削るSAPSAPの新CRM「C/4HANA」は市場を塗り替えるほどの製品か? SAPの狙いを読み解く

SAPは「2018 SAPPHIRE NOW」で新しいCRM「C/4HANA」を発表した。これは「Salesforce」に対抗する位置付けの製品だが、ユーザーがすぐにも導入しそうな気配はない。SAPがCRM市場の見直しを迫れるかという疑問も残る。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP ERP


ステージ写真 「2018 SAPPHIRE NOW」カンファレンス初日のプレスカンファレンスとアナリストQ&Aに参加したSAP役員。同社CEOビル・マクダーモット氏は左から2番目《クリックで拡大》

 SAPの新しいCRMスイート「C/4HANA」は、同社のイベント「2018 SAPPHIRE NOW」でおおむね好意的な評価を得た。だが、Salesforce.comの「Salesforce」が独占するCRM市場に挑戦するには、C/4HANAにさらなるテコ入れが必要かもしれない。

 「2018 SAPPHIRE NOW」の初日である2018年6月5日、SAPはC/4HANAを発表し、Salesforceに対抗する意図を明確に示した。C/4HANAは「SAP Hybris」をベースにしたCRMプラットフォームだ。このプラットフォームは、買収したGigyaの技術を基にする「SAP Customer Data Cloud」や、買収したCallidusCloudの技術を基にする「SAP Sales Cloud」など、SAPがもともと有していたCRMポートフォリオのクラウドベース製品で構成している。

 C/4HANAの考え方は、CRMフロントエンドと同社のデジタルコアERPバックエンド「S/4HANA」を結び付けるCRMの新しいパラダイムを提示するものだ。そのパラダイムは「SAP Cloud Platform」で提供する。これにより、企業は顧客についてより総合的に考察でき、しかも、競争に先んじることができる速度でコアERPの信頼されたマスターデータをS/4HANAで処理できる環境が実現する。信頼されたデータを使用して顧客についての見解を迅速に提示する機能は、「以前のCRMでは出し惜しみされていた」と、SAPのCEOビル・マクダーモット氏は初日の基調講演で語った。

 マクダーモット氏はその後のプレスカンファレンスで次のようにも述べた。「SAPには新しいアイデア、優れたアイデアがある。優れたアイデアは必ず勝つ」

 SAPには、CRM市場でSalesforceに挑戦するにふさわしいアイデアとテクノロジーがあるだろうか。アナリストの中には今回の発表に条件付きで賛同する者もいた。だが、一部の顧客はC/4HANAを利用するかどうかを判断するには時期尚早だと考えている。

顧客は様子見

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。