2007年08月23日 17時55分 UPDATE
ニュース

NEWSソニックウォールとRSAセキュリティ、協業によりセキュアなVPNソリューションを提供

ソニックウォールのVPNプラットフォームとRSAのワンタイムパスワード認証で一層セキュアなVPNソリューションを実現

[TechTarget]

 ソニックウォールとRSAセキュリティは8月23日、ソニックウォールのリモートアクセスソリューションとRSAセキュリティのワンタイムパスワードおよびログ管理ソリューションにおいて、協業を発表した。ソニックウォールのUTM(統合脅威管理)およびSSL-VPN製品とRSAセキュリティのワンタイムパスワード認証方式「RSA SecurID」を連動させることで、小規模から大規模ネットワークまで幅広いユーザーに、よりセキュアなリモートアクセスを提供するとしている。

 また、ネットワークの各所に設置されたソニックウォール製品のログをRSAセキュリティが提供する統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」で収集し、他機器のログとともに管理、相関分析を行うことができるという。これにより顧客は、ワンタイムパスワード認証方式によるリモートアクセス時のセキュリティ強化と、ログ管理によるコンプライアンス対応の2つのメリットが得られるとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

ロックオン、テレビ番組/CMリサーチ調査のエム・データと業務提携を開始
広告効果測定システム「アドエビス」などの運営を手掛けるロックオンは10月21日、TV番組...

news092.jpg

SAS、新世代データ・ビジュアライゼーション・ソフト「SAS Visual Analytics」を発表
SAS Institute Japanは10月21日、同社が提供するデータ・ビジュアライゼーション・ソフト...

news003.jpg

第5回 “事実の見える化”から“行動の測る化”へ
最終回となる今回は、営業活動における目標と実績のバラツキを抑えるために「マネジメン...