2008年08月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

どのようなデータを扱うのか?SharePoint Server環境でコンプライアンス要件に対応するには

SharePoint Serverの採用を考えているITマネジャーは、このコラボレーションツールが社内のコンプライアンスに与える影響についても検討すべきだ。

[Rebecca Herold,TechTarget]

 Microsoft Office SharePoint Server(以下、SharePoint)は、企業におけるドキュメントや知識の共有、メトリックの作成、分散したさまざまなチームメンバーによる効果的な共同作業を支援するコラボレーションツールの1つだ。

 SharePointの採用を考えているITマネジャーは、このツールが社内のコンプライアンスに与える影響も検討すべきだ。

 まずはコンプライアンス要件を念頭に置きながら、SharePointをどのように利用するかを明確にしなければならない。例えば、ビジネスの意思決定やビジネストランザクションの処理に使われるスプレッドシートの共有/更新にSharePointを利用するのか。ビジネスの意思決定を行うためのメトリックやそのほかの情報の作成に利用するのか。データのバックアップリポジトリとして利用するのか。

 上記のいずれかに当てはまるなら、コンプライアンスの問題に取り組むことが必要になる。

 また、Windows環境を管理するITマネジャーは、個人を特定可能な情報(Personally Identifiable Information:PII)や会計情報、知的財産、ミッションクリティカルな情報を、SharePointに保存するかどうかも検討しなければならない。PIIや機密データをこうしたコラボレーションシステムに格納するのは、必ずしも賢明ではない。しかし、もしそうする必要が生じたら、こうした情報のセキュリティを適切に確保することが不可欠となる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

アドエビスに「シナリオコンバージョン」機能
ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」をバージョンアップし、「...

news119.jpg

テレビ東京、IRIS.TVの動画パーソナライゼーション機能をモバイルアプリに採用
ブライトコーブは、業務提携を締結しているIRIS.TVの動画パーソナライゼーション機能がテ...

news061.jpg

世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の...