TechTargetジャパン

製品資料
高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は?
 近年、フラッシュストレージの高性能化が著しい。仮想化環境やクラウド、ミッションクリティカルなアプリケーションなど環境や用途を選ばずに、優れたパフォーマンスと高いデータ可用性を発揮し、重複排除や圧縮などによる容量当たりのコスト削減も可能とする製品が登場...(2017/4/28 提供:日本ユニシス株式会社)

レポート
IT予算の限られる企業が超高速ストレージを手に入れる方法
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/4/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ミッションクリティカルに対応した「第2世代IaaS」の本命は?
 企業のクラウド移行には無視できないハードルがある。一般的なIaaSは比較的小規模なアプリケーションを想定しており、ビジネスの本丸であるミッションクリティカルなシステムには対応しきれていなかった。その受け皿となり得るサービスにしても、IaaSに合わせたアプリケ...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
環境やアプリケーションを選ばない、真にオープンなクラウドサービスは?
 企業のクラウド移行が加速する中、PaaS、IaaSの重要性は一層増している。その特徴は多岐にわたるが、中でも重要なのは柔軟性だ。クラウドベンダーの製品・サービスだけでなく、他社製品・他社環境を含めて柔軟に連携できるサービスが求められている。 アプリケーション...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
ITインフラのサイロ化をどう防ぐ? ハイブリッド環境で問われる真の俊敏性
 ITインフラのクラウド化・仮想化が進む一方で、今なお多くの企業が「ミッションクリティカルなシステムは仮想化基盤とは独立させて運用したい」と考えている。物理環境を前提としたビッグデータ解析基盤などへのニーズがある以上、今後もクラウドとオンプレミスの混在状...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている?
 仮想化技術やクラウドサービスの導入が進んだ現在、可用性の重要性は以前にも増して大きくなっている。それはバックアップや災害復旧(DR)計画などへの要求が高まったことだけではなく、アプリケーションの大半がミッションクリティカル、ビジネスクリティカルなものへ...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

レポート
実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは?
 企業の規模に応じて業務の規模も決まることから、ミッションクリティカルは大企業だけの課題だというイメージが強い。しかしこれは誤解であり、アプリケーションがミッションクリティカルか否かはアプリケーションの特性によって決まるものだ。 また、現実には企業規模...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
AWS導入事例:ECサイトや社内システムの耐障害性と柔軟性を高めるには?
 近年、ECサイトや社内システムのようなミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が進んでいる。その背景には、Amazon Web Services(AWS)に代表される、耐障害性やセキュリティに優れたクラウドサービスの存在がある。 しかし、信頼性の高いAWSであってもシス...(2017/1/12 提供:クラスメソッド株式会社)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
データ収集処理を最大10倍にしたアタラのデータセンター刷新術
 変化の激しいビジネス環境の中では、より精度の高い情報をより迅速に得ることが求められ、データを収集・分析するシステムの重要性が高まっている。分析対象となるデータによっては、その量が増大し続ける場合も多く、処理に要する時間を長引かせないようにするためには...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
新日鉄住金ソリューションズが提供するマネージドクラウドサービスの運用管理環境を守る次世代ファイアウォール
 ミッションクリティカルな基幹系システムに対応するマネージドクラウドサービス「absonne Enterprise Cloud Service」を提供する新日鉄住金ソリューションズ。同社はこれまで、absonneの管理セグメントのネットワークに、ファイアウォールやフィルタリングなどに特化し...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
AWSでの仮想プライベートクラウド構築、セキュリティはどう担保する?
 「Amazon Web Services」(AWS)内で仮想プライベートクラウド(VPC)を構築し、社内のコンピューティング環境として利用することで、企業ネットワークの急成長に対応しながら、設備投資や運用コストを最小限に抑えることが可能になる。しかしミッションクリティカルな...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
自動車業界は「5G」をどう捉えているのか?
 現在、通信業界では「5G(第5世代移動通信)」の実現に向けて、あらゆる人々とモノ(自動車を含め)をつなげるため、精力的な活動を展開している。 5G規格について、通信業界は「ミッションクリティカルな用途向けに、2ミリ秒を下回る遅延(レイテンシ)を実現できる」...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
x86サーバ vs. Itaniumサーバ、3年間の運用でTCOに驚きの差
 これまでRAS(信頼性、可用性、保守性)の低下と引き換えに、他のシステムよりも低コストを実現する手段と見なされがちだったx86サーバ。新しいx86システムがこのイメージを一掃したことにより、ミッションクリティカルなデータベースソフトウェアなどの移行先としての...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
「可用性への投資」の理想と現実――意思決定者への調査で分かったこと
 現在、ビジネスの変革の中心にいるユーザーに共通する特徴として、ミッションクリティカルなアプリケーションやデータに24時間365日アクセスできる環境を求めることが挙げられる。そのため、多くの企業が可用性向上のために投資を続けているが、そのほとんどが十分な効...(2016/7/22 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

事例
SAPシステムの運用コストを40%削減、タマホームに学ぶ基幹系のクラウド移行術
 住宅の施工・販売業者のタマホームは、「より良い家をより安く」をモットーにしたビジネスで成功を収めているが、ITインフラの運用においては大きな課題を抱えていた。急速な事業成長に伴うシステムの肥大化が、コストと工数を増大させていたのである。 同社が目指す高...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

事例
SAPシステムのクラウド移行、必ず確認すべき品質基準とは?
 ITシステムのクラウド移行には、ハードウェア維持費を減らし、保守・運用をアウトソーシングできるというメリットがある。しかし、SAP ERPなどのミッションクリティカルな情報システムをクラウド化するためには、サービスの信頼性に対する十分な評価が必要だ。 電子計...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
基幹システムのクラウド化――妥協してはいけない「3つの条件」
 近年見られる大きな変化の1つに、基幹システムのクラウド移行がある。以前はミッションクリティカルなシステムをクラウドで運用することに否定的な声があったが、実際にコスト削減などを果たす事例が現れ始めたことで、方向転換を図る企業が増えている。 このクラウド...(2016/6/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
基幹システムのクラウド移行を“賭け”にしない堅実な運用方法
 企業ITにおいて、常に効率化とコスト削減で悩まされるのが基幹システムだ。24時間365日稼働、安定的な処理性能の確保、災害対策、内部統制、セキュリティ対策など、優先すべき課題が多く、コストや運用負荷は二の次とされやすい。 そのため、基幹システムのクラウド移...(2016/5/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク
 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガート...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

事例
20本のラックが1本に、保守費用は40分の1、大規模ハイパーコンバージド導入の威力
 「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」は、サーバだけでなく、ストレージも大幅に集約できるテクノロジーとして注目されている。物理サーバ、SAN/NAS、ストレージが1つの筐体で高密度に統合された製品を利用するシンプルな構成のため、リソースの追加も容易で...(2016/2/10 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

事例
文字コード変換は30分で完了、りそな銀行によるメインフレームからオープン系のデータ連携
 メインフレームとオープン系システムのデータ連携は、金融機関をはじめとするミッションクリティカルなデータを扱う企業などで盛んに取り組まれている施策だ。競争力向上のためのサービス拡充には、オープン系で構築された情報システムに、重要データを安全かつ迅速に取...(2016/2/3 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

Webキャスト
AWSだけがクラウドではない、プライベートクラウドが必要な本当の理由
 パブリッククラウドを導入してみたら、コスト、運用の手間、パフォーマンスが期待ほどではなかったという声もある。これはオンプレミスと同じ感覚でパブリッククラウドを使うという姿勢に問題がある。 クラウドの使い方には適したパターンがある。本Webキャストでは...(2015/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
新日鉄住金ソリューションズが提供するマネージドクラウドサービスの運用管理環境を守るファイアウォール
 ミッションクリティカルな基幹系システムに対応するマネージドクラウドサービス「absonne Enterprise Cloud Service」を提供する新日鉄住金ソリューションズ。同社はこれまで、absonneの管理セグメントのネットワークに、ファイアウォールやフィルタリングなどに特化し...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
AWSで仮想プライベートクラウドを構築、さて、セキュリティはどう担保する?
 「Amazon Web Services」(AWS)内で仮想プライベートクラウド(VPC)を構築し、社内のコンピューティング環境として利用することで、企業ネットワークの急成長に対応しながら、設備投資や運用コストを最小限に抑えることが可能になる。しかしミッションクリティカルな...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

技術文書
別冊Computer Weekly OpenStack活用事例集
 大規模、ミッションクリティカルな用途への導入が進むOpenStack。具体的にどのような分野で活用されているのか? 何を検討するべきなのか? 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。・「OpenStackはクラウドではない」――OpenStackプライベートクラウドを構築したe...(2015/10/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Web脆弱性診断とWAFの自動連携で、ミッションクリティカルなWebアプリケーションを防御
 ミッションクリティカルなWebアプリケーションであっても、セキュリティに関する専門知識の低いユーザーが、オープンソースのCMSなどを使ってサイト管理を実施するケースが増えてきた。一方で、OpenSSLの脆弱性を突いた攻撃など、Webアプリケーションに対する脅威は急激...(2015/9/11 提供:NSFOCUSジャパン株式会社)

事例
徳島県が災害時の情報通信手段を強化 公衆無線LAN整備に込めたもう1つの狙いとは
 徳島県は、災害時の情報通信基盤として公衆無線LANの整備を進め、県内の避難所や防災拠点など112カ所に無線LANアクセスポイントを設置し、2015年4月より、災害時だけでなく平時も活用できる公衆無線LANサービスをスタートした。 システムは、防災基盤という性質上、ミ...(2015/7/30 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
基幹系システムの高可用性にも応える、Microsoft Azure上にSQL ServerのHAクラスタを構築する方法
 企業システムのクラウド化が一般化するのに伴い、稼働系ノードから待機系へと移行するのに数分間の猶予も許されない、極めて高い可用性が求められるシステムの運用も視野に入りつつある。最新のパブリッククラウドサービスは、こうしたミッションクリティカルな基幹系シ...(2015/6/30 提供:サイオステクノロジー株式会社)

Loading