TechTargetジャパン

技術文書
ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは?
 データを人質に取り、身代金を要求するランサムウェアの脅威はビジネスにとって大きなリスク。このようなサイバー攻撃に対応するため、企業は、マルウェア対策やデータ暗号化、ファイアウォールなどの保護対策を実施している。 しかし、こうした従来的な保護だけでは侵...(2017/10/31 提供:Commvault Systems Japan)

製品資料
外部攻撃と内部不正のリスクを最小化、体系的な防御でAPT攻撃も効率的に検出
 金融機関では次々と登場する脅威に応急処置的にセキュリティ製品を継ぎ足してきたケースが多く、複雑化や相関分析の障害といった課題を抱えている。そのため、ファイアウォールやIPS、IDSなど複数のセキュリティ製品による複雑化を解消して、統一したセキュリティ体系を...(2017/10/24 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策
 「Amazon Web Services」(AWS)は、高いスキルがなくても手軽にサーバを立ち上げられる半面、セキュリティに関して十分に検討・対策がされていないケースも見られる。 AWSの基本的なインフラ部分は、AWS側で効果的なセキュリティが用意されているが、ゲストOS、ミドル...(2017/10/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ?
 ビジネスアプリケーションのクラウド利用が拡大するとともに、オンプレミスとクラウドの境界を意識させないビジネス基盤へのニーズが高まっている。安全かつ快適にアプリケーションを利用できるという理想像を目指すには、パフォーマンスや拡張性、柔軟性などさまざまな...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
いまさら聞けない「統合脅威管理(UTM)」の基礎知識
 統合脅威管理(UTM)システムには多数のセキュリティ機能を搭載してあり、1台で幅広い脅威を防御できるのが特徴だ。とはいえ近年は、次世代ファイアウォール(NGFW)とUTMの機能的相違が曖昧になりつつあり、どちらも「ネットワークセキュリティのリスクを最小限に抑え...(2017/10/12 提供:シーティーシー・エスピー株式会社)

レポート
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?
 近年、多層型の防御戦略の一角を担い始めた「次世代ファイアウォール」(NGFW)。管理が容易であり、ストリーム単位でのスキャンにも対応するなど、多くのメリットを持つため、NGFWがセキュアWebゲートウェイやWebプロキシの代わりになると主張するベンダーも見られる。(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本
 現在、企業を対象にしたサイバー攻撃はますます増加しているが、今日の脅威の多くはWebを介して侵入している。こうした攻撃への対策では、Webを経由するトラフィックを遮断することが有効であるが、次世代ファイアウォール(以下、次世代FW)といえども全面的にWeb経由...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
高度な機能を有した次世代ファイアウォールで、企業の社会的信用を強固に守る
 「クラウドファースト」の時代、企業ではさまざまなクラウド型のアプリケーションを利用しているだろう。そこで重要となるのが、日々、高度化・巧妙化するサイバー攻撃に対する情報セキュリティの強化だ。 クラウド時代のファイアウォールには、従来のファイアウォール...(2017/9/28 提供:株式会社GresAVAIL)

製品資料
無線LAN環境で構築する「多層防御」 安全性と高品質を両立するための鍵は?
 無線LANは、現在のインターネット接続環境でメインとなるインフラである。にもかかわらず、セキュリティ対策や無線接続の通信品質においては十分なパフォーマンスが得られていないという現実がある。特にセキュリティ対策に関しては必ずしもその安全性が担保されていな...(2017/9/27 提供:ノックス株式会社)

製品資料
未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは
 WannaCryに代表されるランサムウェアをはじめ、次々と新手のサイバー攻撃が現れている。こうした最新のマルウェアによる攻撃を防ぐために多くの企業はサンドボックス方式のソリューションを取り入れている。しかし、いくら高精度な検知能力を持っていたとしても、それ単...(2017/8/16 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

技術文書
次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由
 近年、注目されている次世代ファイアウォールの多くは、データのパケットを1つずつ処理するストリーミングアーキテクチャを採用している。そのため、1本で複数製品の役割を果たすことができるが、古くから知られているある種の攻撃はすり抜けてしまう。 一方、プロキシ...(2017/8/14 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?
 金融機関は、サイバー犯罪者から主要な標的として狙われ続けている。もちろん金融業界の多くの機関がセキュリティに積極的に投資しているが、新たな脅威が登場するたび対症療法的に製品を導入したことでセキュリティ体制が複雑化し、管理・運用の足かせとなっているケー...(2017/8/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

Webキャスト
次世代SDNで何が変わる? 「L4/L7サービスチェイニング」を徹底解説
 ネットワークをソフトウェアで制御するSDNが注目されているが、その実現手法であるホップバイホップ、オーバーレイにはいずれも課題があった。そこで登場してきたのが、両手法の“いいとこどり”をして導入ハードルを下げた次世代SDN製品だ。 大きなメリットは、運用効...(2017/8/4 提供:シスコシステムズ合同会社)

Webキャスト
IPS連携でサーバを自動検疫、次世代SDNでデータセンターのセキュリティを強化
 サイバー攻撃などの脅威に対して、データセンターのセキュリティをどのように担保していくのかは、企業にとって大きな課題だ。攻撃方法の多様化と巧妙化が進む中、外部からの侵入を阻止する対策だけでなく、侵入を前提とした内部対策の重要性が高まっている。 これに対...(2017/8/4 提供:シスコシステムズ合同会社)

比較資料
その対策は間違っている──グラフで理解する“正しい”多層防御セキュリティ
 セキュリティ対策は、ハードウェアやクラウドサービスなどの導入とは異なり、処理能力向上や経費削減といった形で費用対効果を把握することが難しい。そのため、ランサムウェアなどのセキュリティリスクが大きく報じされている昨今でも、「取りあえず入れておけばいい」...(2017/7/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS
 「WannaCry」のようなランサムウェアをはじめ、標的型攻撃メールやマルウェア、スパイウェアなど、サイバー攻撃は高度化・多様化している。それらに対応するには、ファイアウォールやIPSといった従来の境界型セキュリティ製品だけでは不十分だ。 そこで、より強固なセ...(2017/6/23 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
99.999%の稼働率を保証、高信頼性クラウドサービスで得られる3つのメリット
 サーバやネットワーク、ストレージを提供するクラウドサービスの選定で重要な特徴は3つある。稼働率やサポート体制などの「信頼性」、リソースを細かく選択でき、プライベートネットワークセグメントを自由に作成できる「柔軟性」、冗長構成されたファイアウォールや高...(2017/6/14 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の評価計測、「仮想ファイアウォール」の役割
 ソフトウェア定義ネットワーク(SDN:Software Defined Network)およびネットワーク機能仮想化(NFV)の導入においては、通信事業者グレードの高度な要件への適合の基準となる、広く普及した業界ベンチマークが存在しないという課題がある。そうした現状でインテルが...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
基礎解説:Webプロキシにまつわる誤解、なぜWeb脅威防御のために不可欠なのか?
 サイバー攻撃の格好の標的となっている企業のWebサイト。多くの企業ではWebセキュリティに対するアプローチを見直すことでこの問題に対応しているが、現在のWebセキュリティテクノロジー、特にセキュアWebゲートウェイ(Webプロキシソリューション)については、誤解さ...(2017/6/5 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/4/18 提供:富士通株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
セキュリティ対策は「組み込み型」へ──ポイント対策が限界を迎えたわけ
 ほぼ20年間にわたり、ファイアウォールは企業のセキュリティ戦略の中心に据えられてきた。アプライアンスが登場するとすぐに、サービスプロバイダーが次々とファイアウォールの管理サービスの提供を始めた。そして、新たな攻撃に対応するために、電子メールゲートウェイ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

技術文書
Webセキュリティ再入門:WAFによるWebアプリケーション保護の基本戦略を知る
 2018年末には、Webアプリケーションの保護を一般的なファイアウォールや侵入防止システムのみに頼る企業は、現在の40%から20%未満まで減るといわれている。この変化の中で、今後、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の位置付けはどのように変わっていくのだ...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
1日2000件のサイバー攻撃に対応、富士通の多層防御と即応体制のノウハウとは?
 増加・高度化するサイバー攻撃に対し、セキュリティ施策も進化を求められている。人力のみの対処はもちろん、セキュリティツールを導入しても全ての脅威に自動的に対応することは不可能だ。より視野を広げ、脅威の侵入を前提としたセキュリティの多層化、つまり「多層防...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2017/1/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading