脱クラウドの理由「クラウドはセキュリティが駄目」は本当か「脱クラウド」これだけの理由【第2回】

企業がクラウドサービスを導入する際は、クラウドサービスのデメリットを把握しておく必要がある。自社の要件に合ったインフラを構築するためのポイントを説明する。

2023年01月31日 08時15分 公開
[Fleur DoidgeTechTarget]

 クラウドサービスに移行させたアプリケーションをオンプレミスインフラに戻す「脱クラウド」(オンプレミス回帰)は、クラウドサービスの導入時に想定していなかった問題が原因となることがある。こうした問題が生じるのを防ぐには、クラウドサービスが抱えるリスクを把握しておくことが重要だ。

「クラウドはセキュリティが駄目」はそもそも“誤解”の可能性

 「セキュリティの確保はクラウドベンダーがしてくれるものだと思い込んでいるユーザー企業が存在するが、それは誤解だ」。セキュリティベンダーのトレンドマイクロでテクニカルディレクターを務めるバーラト・ミストリー氏は、こう指摘する。

 インフラのクラウドサービス「IaaS」(Infrastructure as a Service)の場合、ハードウェア部分のセキュリティ対策はベンダーが担う。しかしソフトウェアへのパッチ適用やデータ保護の責任などは、ユーザー企業が担うことになる。

 クラウドベンダーがファイアウォールサービスといったセキュリティサービスを提供している場合は、それらを利用できる。ただし、こうしたセキュリティサービスは、オンプレミスのセキュリティ製品と同等のものではないことがある。「クラウドベンダーのセキュリティサービスが初歩的な機能しか搭載していない場合、ユーザー企業の要件を満たさない可能性がある」(ミストリー氏)

 オンプレミスシステムやホスティングサービスの場合は、ユーザー企業がリスク評価と侵入テスト(ペネトレーションテスト)を徹底的に実施したり、直接データセンターに行ってセキュリティ対策の方法を探ったりできる。Amazon Web Services(AWS)やMicrosoftなどの大手クラウドベンダーのデータセンターとなると、ユーザー企業は簡単に中に入ることはできない。


 第3回は、脱クラウドの原因となり得る、クラウドサービスのコストに関する問題を説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...