「AIはマルウェア対策に必須」と言わざるを得ない“4つの理由”マルウェア対策としてのAI【第2回】

近年、企業のマルウェア対策において、AI技術を用いた対策の必要性が高まっている。その理由と背景を解説する。

2023年07月27日 05時15分 公開
[Isla SibandaTechTarget]

 マルウェア攻撃を受けた企業は、経済的損失や評判の低下、顧客の信頼喪失などを被る恐れがある。サイバー攻撃の手法が巧妙化し、攻撃が頻度に繰り広げられる中で、人工知能(AI)技術をはじめとする先進的な技術を取り入れたセキュリティ対策は必須だ。

「AI」がマルウェア対策に必要な4つの理由

 マルウェア攻撃による被害を防ぐためには、機械学習(ML)などのAI技術を組み合わせたセキュリティツールを導入することが効果的だ。その背景には、以下4つの理由がある。

1.高度なマルウェアの台頭

 近年、従来のマルウェア対策ソフトウェアやファイアウォールといったセキュリティ対策を回避する、高度なマルウェアが登場している。AI技術を搭載したセキュリティツールは、従来の手法では検出できないマルウェアを検出し、侵入を防ぐことに活用可能だ。

2.標的型攻撃の巧妙化

 大半のサイバー攻撃者は標的型攻撃を仕掛ける際、高度なマルウェアを使用する。マルウェアの振る舞いを分析し、疑わしいアクティビティーを特定することは、標的型攻撃を検出し、被害を防止することにつながる。

3.データ侵害への懸念

 マルウェア攻撃によるデータ侵害が発生すれば、莫大な復旧コストがかかり、事業に悪影響が及びかねない。機密情報を侵害する可能性のあるマルウェアを、AI技術を用いて検出し、被害を食い止めることで、データ侵害のリスクを軽減できる。

4.規制順守の必要性

 規制に関する要件として、高度なマルウェアに対処できるセキュリティツールの使用を課す業界がある。こうした業界において、要件を順守できない企業は罰金や法的措置を課せられる恐れがある。


 第3回は、AI技術でどのようにマルウェア攻撃を防ぐのかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...