アクセンチュアが「AI人材」を“倍増”宣言した狙いとは?アクセンチュアのAI戦略【前編】

Accentureは、AI事業に30億ドルを投じ、AI人材をこれまでの倍の人数である8万人に増やすという。同社のAI分野に対する見通しと、具体的な取り組み計画とは。

2023年07月27日 07時15分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | データ


 ITコンサルティング企業Accenture(アクセンチュア)は2023年6月、データや人工知能(AI)関連事業に3年間で30億ドルを投資することを発表した。同社はAI人材を倍増し、8万人に増やすことを目標に掲げる。その取り組みを通じて、同社は何を実現しようとしているのか。

「AI人材」倍増の狙いとは?

 AI技術に精通した人材を増やすため、Accentureは以下を実施する計画だ。

  • 4万人のAI人材の採用
  • 現職の従業員に対するAI関連のトレーニング
  • 企業買収

 「今後10年にわたってAIは大きなトレンドとなり、産業や企業、人々の生活や働き方に変革をもたらす」。Accentureのグループ最高責任者ポール・ドーガティ氏はそう見込む。ドーガティ氏の予測によると、テキストや画像などを自動生成するAI技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)は、全世界の労働時間の40%に影響を与えることになる。

 AccentureはデータとAI技術に関する知見を拡充させることで、各業界に特化した製品やサービスの創出における強みと幅広い知見を養う狙いだ。そうした取り組みを通じて、19個の産業分野に向け、AI技術を活用したサービスやAIモデルを提供するという。「顧客企業がAI技術を活用して、自社の戦略や技術、働き方を構築し、イノベーションを迅速に推進できるよう、責任を持って支援する」と同社はコメントする。


 次回は、生成AIがもたらすメリットをAccentureがどう捉えているのか、その見解を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...