2022年01月20日 05時00分 公開
特集/連載

「5G×NFV」「ネットワークスライシング」でスマート工場を進化させる方法とは「5G」でスマート工場は進化【第2回】

スマート工場の新たな切り札である「5G」は、ネットワーク機能の仮想化やネットワーク分割といった技術とセットになって力を発揮する。それぞれの仕組みを解説する。

[Deanna DarahTechTarget]

 製造業は高速通信ができる「5G」(第5世代移動通信システム)を導入して、AI(人工知能)技術やIoT(モノのインターネット)を駆使したスマート工場の進化を図っている。第1回「AIやIoTだけじゃない 注目のスマート工場の新たな『原動力』とは」は、5Gが利用を促しているSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)の活用を考えた。第2回となる本稿はネットワーク機能の仮想化(NFV)やネットワークスライシング(ネットワークを仮想的に分割する技術)に焦点を当てる。

5Gで脚光を浴びるNFVはどのような仕組みか?

 5Gネットワークの導入とともに、NFVに着手する企業もある。NFVを使えば、仮想化によってネットワーク機能を専用ハードウェアから切り離せる。NFVはファイアウォール、ルーティング、負荷分散といった機能をVM(仮想マシン)として運用する。NFVは、5Gの重要な要素であるネットワークスライシング(ネットワークを仮想的に分割する技術)を実現する上で欠かせない。

 調査を専門とする非営利団体Economic Strategy Instituteの上級研究員、ロバート・コーエン氏は「NFVを使用することで、共通のネットワークインフラで拡張可能な別々のネットワークを構築できる」と説明する。同氏によると、企業はSDNとNFVを併用すれば、自社ネットワークの可視性を高め、管理効率の向上につながる。

NFVとの併用で可視性を向上 「ネットワークスライシング」とは?

 ネットワークスライシングによって、企業は大量のデータを分割した特定のネットワークに割り当て、それぞれ独立したネットワークとして機能させることができる。1回当たりに伝送可能なデータ量を増やすこともできる。

 コーエン氏は「ネットワークスライシングを使用すると、企業はネットワークで新しいサービスや用途を実現する際、高い制御レベルと柔軟性を実現できる」と述べる。ネットワークスライシングのコントローラーは、特定のネットワークに持たせた機能を監視するのに有効なツールだ。

 オンプレミスのインフラで5Gを使用するメリットは他にもある。イーサネットケーブルを機械から取り外せることがその一例だ。これによって機械の可動性を制限する必要がなくなる。「5Gネットワークに接続する機械は工場内のどこへでも移動できるため、製造ラインを再編する際に便利だ」とコーエン氏は言う。


 第3回は、スマート工場に関するFord MotorとMercedes-Benzの取り組みを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...