2018年10月08日 05時00分 公開
特集/連載

多額の投資はいらないスマートファクトリーの実現のために必要なこととは

スマートファクトリーはゼロから立ち上げる必要はない。既存の産業用機械をデジタルへ接続することで、工場の課題を解決できる可能性がある。今回はその方法やユースケースを紹介する。

[Albert McKeon,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 生産管理 | 製造業


photo

 古い工場でも新しい仕掛けを取り入れることはできる。

 スマートファクトリーという言葉から、エンドツーエンドの最新ネットワーク接続テクノロジーを駆使する、新しいきらびやかな工場が思い浮かぶかもしれない。だが古い工場や設備でも、その中から厳選した機械に最新のテクノロジーを組み入れることで、プロセスに関する決断をデータに基づいて下せるようになる。この可能性が、「スマート」という言葉に込められている。言葉の意味を肝に銘じることで、スマートファクトリーのロードマップの作り方を理解できる。製造業におけるデジタル変革、自動化、情報共有のトレンドを注意深く観察してきた複数の専門家が、このスマートファクトリーのロードマップを支持している。

 こうした専門家によると、工場がスマート化する上で、最新、最高、最大のテクノロジーは不要だという。そうではなく、あらゆるレベルでデジタルへの接続を実現することが、製造プロセスの状況を正確に把握するための賢明な1歩になる。この1歩が企業で最善の決断を下すことに役立つ。

 「スマートファクトリーとは、要は製造を改善するスマートな決断を下すためにデータをつなげることだ」と話すのは、米国立標準技術研究所(NIST)でSmart Manufacturing Systems Test Bed部門の共同責任者を務めるトーマス・ヘドバーグ氏だ。ヘドバーグ氏は古い工場でも新しい仕掛けを取り入れることは可能だと提言する。

既存の技術と最新の技術を接続するインダストリー4.0

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...