ChatGPTが推奨 「情報漏えい対策に役立つネットワークセキュリティ」の3大製品とは?AIが教える“知っ特”IT製品(セキュリティ)

知っておきたい企業ITの製品分野をAIツールに聞く「AIが教える“知っ特”IT製品」。OpenAIの「ChatGPT」が教える、情報漏えい対策に役立つネットワークセキュリティの製品分野とは。

2023年03月31日 18時30分 公開
[TechTargetジャパン]

 IT担当者が特に知っておくべき、情報漏えい対策に役立つネットワークセキュリティの製品分野とは何なのでしょうか。人工知能(AI)ベンダーOpenAIのAIチャットbot「ChatGPT」に、主要な製品分野を3つ挙げてもらいました。ChatGPTが回答した具体的な製品分野と、それぞれの理解に役立つ記事を紹介します。

ChatGPTが推す「情報漏えい対策に役立つネットワークセキュリティ」製品分野はこれだ

 ChatGPTが挙げた、情報漏えい対策に役立つネットワークセキュリティの主な製品分野は、以下の3つでした。

出力方法

  • 利用したAIツール:ChatGPT(March 23)
  • 入力したプロンプト(AIツールへの質問):知っておくべき「情報漏えい対策に役立つネットワークセキュリティ」の主要な製品分野を3つ挙げてください。

 それぞれの製品分野をより詳しく理解するための、TechTargetジャパンの主要な関連記事を紹介します。

1.ファイアウォール

連載:「ファイアウォール」再入門

前編:いまさら聞けない「ファイアウォール」とは? 役割をおさらい《クリックで記事を表示》

セキュリティ強化に役立つ基本的かつ伝統的な手段が「ファイアウォール」だ。その役割をあらためて整理する。

後編:「ファイアウォール」はどこに設置し、どう運用すべきなのか?《クリックで記事を表示》

ファイアウォールのメリットを引き出すには、どのような場所に設置し、どのような運用方法を選択すればよいのだろうか。ベストプラクティスを紹介する。

ファイアウォールの5つの種類

2.ネットワーク監視ツール

優れた製品の条件とは

「ネットワーク監視ツール」選びで失敗しない5つの比較ポイント《クリックで記事を表示》

ネットワーク監視ツールが備えるべき機能として、ネットワーク機器の監視やネットワークのパフォーマンス表示などがある。ただし、これらはほんの一部にすぎない。


連載:「SNMP」と「ストリーミングテレメトリー」の違い

前編:いまさら聞けない「SNMP」 ネットワーク担当者を悩ます3つの欠点とは《クリックで記事を表示》

ネットワーク監視ツールとして一般的に利用されてきた「SNMP」には、ネットワーク管理者が頭を悩ませる課題がある。ネットワーク監視の手法を検討する上で、その点を理解しておこう。

後編:「ストリーミングテレメトリー」のネットワーク監視は「SNMP」と何が違う?《クリックで記事を表示》

SNMPに替わるネットワーク監視の方法として脚光を浴びるのが「ストリーミングテレメトリー」だ。SNMPと何が違い、どのように活用できるのだろうか。

3.VPN

特選プレミアムコンテンツガイド(無料PDFブックレット)

「VPN」はなぜ昔も今もこの先も変わらずに必要なのか《クリックで無料ダウンロード》

長年の間変わらずに利用されてきたVPN。実践が広がるテレワークでも必須と言って過言ではない。VPNのこれまでの進化を振り返るとともに、今後も必要とされ続ける理由を考察する。

ダウンロードはこちら

連載:VPNと代替技術の行方

第1回:VPNが“枯れ果てる日”は来るのか 生き残る確率は?《クリックで記事を表示》

VPNは枯れた技術でありながら、テレワークが広がる中でリモートアクセスの手段として活躍した。代替技術が台頭しつつある中で、VPNが使われなくなるという話は本当なのか。

第2回:“問題だらけのVPN”を企業が捨てる日《クリックで記事を表示》

企業のテレワーク移行を支えてきたVPN。リモートアクセスの代替技術が登場する中、企業が信頼を寄せてきた“成熟した技術”であるVPNはどうなるのか。

第3回:「脱VPN」が進む理由、進まない理由 “分かれ目”の判断は《クリックで記事を表示》

企業のテレワーク移行を支えてきたVPN。リモートアクセスの代替技術が登場する中、企業が信頼を寄せてきた“成熟した技術”であるVPNはどうなるのか。

第4回:「VPN」は生き残らない? 「ZTNA」「SDP」とは何が違うのか《クリックで記事を表示》

VPNの遅延やセキュリティの問題は、テレワークが拡大したことで表面化した。代替の技術が登場する中で、VPNはその役割を終えるのか。

第5回:“VPNの完全代替”がZTNAでもSASEでもない理由《クリックで記事を表示》

根強く使われてきたVPNは、代替の技術や仕組みが登場したことで今後どうなるのか。これは企業のシステム利用を左右する大きな問題だ。

連載:AIが教える“知っ特”IT製品

紙の辞書を何げなくパラパラとめくっているときに、ふと見つけた見出し語が、新しいアイデアのきっかけになる――。IT製品選定で、こうした“偶然”に頼ることは無謀です。それでも、ふとしたきっかけで知ったIT製品が、直面している課題にぴったりはまることは珍しいことではありません。膨大な教師データを基にした、AIツールの回答から生まれる新しい“偶然”が、IT製品選定のきっかけになれば幸いです。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。