「AI」でどう防ぐ? 政府や医療機関を狙うサイバー攻撃に“一歩先”の対策マルウェア対策としてのAI【第5回】

人工知能(AI)技術を用いたセキュリティ対策は、多様な業界のセキュリティ対策に有効だ。具体的にはどのようなメリットをもたらすのか。業界別に紹介する。

2023年08月08日 05時15分 公開
[Isla SibandaTechTarget]

 あらゆる企業が、マルウェア攻撃をはじめとするサイバー脅威にさらされている。特に近年目立つのが、従来のマルウェア対策ソフトウェアやファイアウォールといったセキュリティ対策を回避する、高度なマルウェアの登場だ。高度なマルウェアの検出や分析には、人工知能(AI)技術を利用したツールが役立つ。

政府や医療機関で活躍するAIツールは?

 マルウェアの検出や分析にAI技術を使うことで、どのようなメリットがあるのか。業界ごとの具体例は次の通りだ。

活用例1.政府機関

 政府機関はさまざまな機密情報を保持する他、電力事業や水道事業、輸送といった重要インフラに関する情報を扱う。そのためサイバー攻撃の標的になることが少なくない。AI技術を利用したツールを使用することで、機密データや重要インフラだけではなく、物理的損傷や混乱を引き起こす可能性があるサイバー攻撃からシステムを保護するのに役立つ。

 政府機関はしばしば以下の規制を順守することが必要になる。AIツールを使用することで、これらの規制への準拠を容易にすることができる。

  • HIPAA(米国医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令)
  • FISMA(連邦情報セキュリティマネジメント法)
  • 米国標準技術研究所(NIST)

活用例2.医療機関

 インターネットに接続する医療機器が普及したことで、医療機関はよりサイバー攻撃にさらされやすくなった。医療機関は医療機器やソフトウェアの中に、医療記録や個人情報といった患者の機密データを保持している。

 このようなマルウェア攻撃の標的になりやすいデータをサイバー攻撃や不正アクセスから保護するためには、AI技術を用いたマルウェア検出ツールが役に立つ。他にもHIPAAへのコンプライアンス準拠をAIツールで支援することで、準拠していない場合の罰金を回避できる可能性がある。CX(顧客体験価値)ソフトウェアベンダーのWeave Communicationsによると、ほとんどの歯科医療従事者が「患者への優れた医療体験の提供にはITが重要な役割を果たす」と考えている。


 第6回は、金融機関と教育機関の活用例を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...