2008年10月25日 00時00分 UPDATE
連載ミドル

キーワードでひもとくバックアップ最新事情

次々と新技術が実装されるデータバックアップ製品の数々。それらは果たしてユーザー企業のどのようなニーズに合致するものなのか? 本連載ではそれぞれの技術や機能を1つずつピックアップして解説、バックアップ製品/ソリューションの導入検討に役立つ情報を提供する。

[ITmedia]

記事一覧

キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第1回】

“テープバックアップ”はもう時代遅れなのか?

次々と新技術が投入されるバックアップ製品の数々。特に昨今ではディスクバックアップが注目を集めている。多くの現場ではまだテープバックアップが主力だが、ディスクに移行するメリットは本当にあるのだろうか?


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第2回】

“D2D2Tバックアップ”はテープとディスクのいいとこ取り

テープとディスクは、バックアップの要件によってそれぞれ向き・不向きがある。そこで、それぞれの長所をうまく組み合わせて構成したバックアップ方式が「D2D2T」(Disk to Disk to Tape)だ。


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第3回】

“アーカイブ”をバックアップと混同するなかれ

バックアップと混同されがちな“アーカイブ”だが、本来その目的や実現手段はまったく異なるものだ。アーカイブを正しく理解し、使いこなすことで、さまざまなメリットを享受することができる。


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第4回】

“仮想テープライブラリ”──実はディスクだってご存じでした?

バックアップの手法として「仮想テープライブラリ」という言葉をよく耳にするようになったが、その正確な意味を知る人は案外少ないようだ。テープライブラリを仮想化するとは、一体どういうことなのだろうか?


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第5回】

“De-duplication”(重複除外)でストレージの無駄遣いをなくす

「De-duplication」や「重複除外」といった機能をうたったバックアップ製品が増えてきた。これは具体的にはどういう機能で、どのようなメリットがあるものなのだろうか?


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第6回】

“ベアメタルリストア”はサーバ障害復旧の最善の備え

クラッシュしてしまったサーバを一から構築し直すのは、大変な作業だ。ましてや、設定や構成が複雑でユーザー数が多いサーバならなおさらだ。これを迅速に、かつ正確に行うための手法が「ベアメタルリストア」だ。


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第7回】

“スナップショット”と“レプリケーション”で重い処理はストレージ任せ

加速度的に増加するデータ。放置しておけば、バックアップの処理時間も長くなる一方だ。しかしスナップショットとレプリケーションをうまく使えば、稼働系サーバに負荷を掛けずにバックアップを行うことができる。


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第8回】

1分1秒を争うシステム復旧には“CDP”が効く

システムやデータの中には、有事の際に可能な限り迅速に復旧させなければならない種類のものがある。そうしたミッションクリティカル領域をカバーするデータ保護手段が「CDP」(継続的データ保護)だ。


キーワードでひもとくバックアップ最新事情【最終回】

“サーバ仮想化環境のバックアップ 普通に取るか丸ごと取るか

サーバ仮想化環境のバックアップはそれほど難しい作業ではない。しかしサーバを仮想化によって集約しているために、思わぬコストが発生する可能性があるので注意が必要だ。

Loading