2010年10月21日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本IBMがLotusLive新サービス 「Notes/Domino相当」のメール/カレンダーSaaS

日本IBMはコラボレーションツールをSaaSで提供するLotusLiveにメール/カレンダーの新サービスを追加した。Lotus Notes/Dominoベースの機能を実現した点が売りとなる。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は10月20日、SaaS(Software as a Service)型のコラボレーションサービス「IBM LotusLive」の新メニュー「IBM LotusLive Notes V1.3」(以下、LotusLive Notes)を発表した。IBM Lotus Notes/Domino(以下、Notes/Domino)相当の機能をサポートするなど、メール/カレンダーの高機能化を図った点が特徴。21日よりサービスを開始し、利用料金は1人当たり年間8580円(税別)。

画像 LotusLive Notes《クリックで拡大》

 LotusLive Notesはメール、カレンダー、アドレス帳、インスタントメッセージング/プレゼンス管理機能をクラウド形式で提供するアプリケーション。Internet ExplorerやFirefoxなどのWebブラウザで利用する。基本的なメール/カレンダー機能を備える「LotusLive iNotes」の上位サービスに位置付けられる。Notes/DominoやDomino Web Accessで実現している機能をベースにしており、「メール環境は(一部機能を除いて)Notes/Domino 8.5.2と同等レベル」(ソフトウェア事業 Lotus事業部長の三浦美穂氏)という。Notesクライアントからアクセスすることもできる。

 メールのプレビュー、タブによる表示切り替え、表の挿入などが可能なメールエディタ機能のほか、To Do、ノートブック(メモ)機能、スケジューラーなど、一般的なグループウェアクライアントが標準で備える各機能を利用できる。Notes/Dominoでユーザーに好評だった代理参照機能もサポートし、秘書などの代理人がメールの読み書きや予定の入力を行うといったことが可能。また、スマートフォン(iPhone、Windows Mobile、Nokia Symbianの各プラットフォーム)のメール/カレンダー機能と同期する機能をオプションで用意する。なお、POP/IMAPでのアクセスには対応していない。

 日本IBMはLotusLive Notesの30日間無償トライアルを提供するほか、「LotusLive Connections」(コラボレーション)、「LotusLive Meetings」(Web会議)とのバンドル提供を実施する。例えばLotusLive Meetingsと併用した場合、メールで参加者を招集し、メッセージ画面から直接Web会議を開始することが可能になる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...