TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
人工知能が活用される産業分野はどこか?
 「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」が将来、われわれ人間の仕事(の一部)を奪うのでは? そのように考えたことのある読者も少なくないだろう。 多くのメディアで話題となった囲碁棋士と人工知能との戦いや、自然対話型人工知能「IBM Watson」の商用利用な...(2017/1/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援
 AIや機械学習が本格的な実用段階に入り、さまざまな場面でAIが業務における意思決定を支援し始めている。これは大企業に限った話ではなく、あらゆる規模の企業で利用が拡大している。その背景には、AI導入を阻むコストの壁が取り払われたことがある。 例えば、AIブーム...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

製品資料
AI導入が現実的な選択肢に――ASP・SaaS型Watsonではじめるテキストマイニング
 人工知能「IBM Watson」の登場により、これまで困難とされてきた自然言語解釈技術を活用したテキストマイニングを一般企業でも手軽に行えるようになった。その結果、クレーム、問い合わせ、SNSなどの顧客の声を分析し、傾向把握や課題発掘をする手法が一般的なものとな...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

事例
自社の製品保守にIBMの保守サービスインフラ 障害受付・出張・リモート対応、部品供給まで
 IBMは創業当初より、製品販売だけでなく保守まで含めたエンドトゥエンドでの製品価値提供を行ってきた。世界中で稼働しているIBM製品を、今日も世界中のIBM技術員が保守している。 場所によらず均質な保守サービスを提供するIBMの保守サービスインフラを、IBM以外のメ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

技術文書
「IBM Watson IoT Platform」で実現するコグニティブコンピューティングの開発とは?
 コグニティブ(認知的)テクノロジー「IBM Watson」でIoTのデータを解析する「IBM Watson IoT Platform」は、機械学習、自然言語処理、テキスト解析、画像および動画の解析という4つのAPIと関連サービスを提供する。コグニティブコンピューティングシステムは膨大なデー...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
TCO徹底比較:DBaaSと自社構築型DBMS、3年間の運用でTCOにどれだけ差が出る?
 モバイルの普及やIoT(モノのインターネット)の台頭などにより、さまざまなデバイスから収集された膨大なデータを効率的に保存、管理する仕組みが求められている。しかし、膨大な種類のデータを保存、管理するデータベースを自社構築、運用するのは膨大な手間とコスト...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用基盤をクラウドで 「Data Warehouse-as-a-Service」とは?
 ビッグデータ活用基盤の構築・運用は大きな経営課題の一つだ。企業が保有するさまざまなセンサーデータや購買、Web閲覧、アプリケーションログなどのデータを迅速に分析し、次のビジネスに生かしていくことが企業の競争力の源泉となる。 しかし、自社でデータウェアハ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「データを移動させない」処理原理──最新ビッグデータ基盤の採用技術を読み解こう
 企業の成否の鍵は、最適な情報を遅れずに入手し、適切な意思決定を行えるかどうかにある。しかし、不安定な状況下で起こり得るイベントを予測し、トレンドを把握し、最善の方法を選択するためには、数十億件ものデータを正確に分析しなければならない。 そのため、その...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
全ての顧客接点でよりパーソナライズされた顧客体験を提供するには
 今日の顧客は、新たなサービスや商品を購入する際にネットを活用した情報集を怠らない。そこで得た情報を基に、サービスや商品購入に際して、必要十分以上の満足度を得ることを期待している。その期待が裏切られたときには、SNSに発言するという行動を取ることもある。(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
「“データ分析専用”はだてじゃない」 Netezza+SPSSで何ができるか?
 ビッグデータ時代の到来により、企業が新しい価値を生み出し、競争力を高める上でデータ分析力の有無が問われるようになった。そのためには、大量のデータを蓄積し、活用するためのシステム基盤および統計分析やデータマイニングの技術が重要になる。 本資料は、Netezz...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
水道利用量モニタリングによる、高齢者生活見守り支援システム
 「水」はさまざまな社会インフラの中で最も重要なライフラインの1つだ。特に水道水は待機電力の発生する電気と違い、人間が能動的に蛇口を捻るなどの行為が必要なため、生活活動が見えるインフラでもある。当資料では、この毎日使用する水道の使用量を計測することで...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
前年比16倍を超えたサイバー攻撃、2016年上半期のセキュリティ動向と対策
 IBMは全世界10拠点のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で観測したセキュリティ情報をベースに、1日当たり200億件以上のデータをリアルタイムで相関分析している。この中で、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を分析・解説したものが「Tokyo SOC情報...(2016/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
データ活用の新たな発想「データレイク」を支えるストレージの条件とは?
 データ活用の手法が大きな変革期に入った。構造化データから現状を分析、可視化するだけでなく、膨大な容量の非構造化データも含めて統合的に処理し、AIなどを利用しながら、顧客ニーズや市場状況をリアルタイムに予測することも求められている。さらにAPIを使ってデー...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Watsonとマーケティングの融合で生まれるリアルタイムの戦略支援
 IBMがグローバルで実施した調査によると、6割以上のCMO(Chief Marketing Officer)が「もっとパーソナルな体験を提供したいが対応できない」と考えている。そして、分析作業について「データの爆発的増加に対応できる」と答えたCMOは、4割にも満たなかった。 基幹シス...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Webサイトの隠された問題点とは? 無言で離脱したユーザーの不満を知る方法
 Webサイトでサービスや製品を販売している企業とそれを利用するユーザーの間には、ユーザー体験に関する認識で大きなズレが起きている。多くの企業が自分たちはユーザーの求めていることを認識し、望む体験をおおむね提供できていると考えているが、ユーザーは企業が思...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
デジタルネイティブ世代はどう働くのか? 業績を高めるモバイル環境の条件
 2000年代に成人や社会人となったデジタルネイティブ世代は、今や企業の業績を左右する存在となっている。そのため、この世代が満足するモバイルワークプレース環境を整えることが、生産性向上の鍵と見なされるようになり始めている。 2015年にIBMが経営層に行った調査...(2016/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
1年で約5万台を展開、IBMが得たMac大規模導入のベストプラクティスとは?
 IBMでは、以前から何千人もの社員がBYOD(私用端末の業務利用)のポリシーを定め、個人所有のMacを使用してきた。しかし、IT部門はMacプラットフォームを正式にサポートしていなかったため、Macを使用する社員はあらゆる問題を自己解決していた。 そこで同社は、社内の...(2016/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IBMが贈るデジタルマーケティングを成功させる「10の秘訣」
 2015年はマーケティング担当者にとって大きな節目となった年だ。なぜならば、行動マーケティングの考え方を具体的な施策に落とし込むテクノロジーが数多く出現し、それらを活用して大きな成果を上げる企業が続々と登場し始めたからである。ただし、こうした企業も、まだ...(2016/9/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件とカッコイイ使い方
 数多くの非常に機密性の高い情報を日々取り扱う弁護士や法律事務所にとって、情報セキュリティ対策は必須の取り組みだ。対策を堅牢にすればするほど仕事がしにくくなる――そんなふうに考える企業は少なくない。 チャットツールで、セキュリティにまつわる「安全性 vs ...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

事例
「Notesの継続利用が最善」、成田国際空港が5分の1のコストで社内ポータル刷新
 日本の玄関である成田国際空港は、2020年の東京オリンピックに向けた改革の一環として社内システムを刷新した。Microsoft SharePointとIBM Notesでバラバラに構築されていたシステムに対して「使いにくい」という声が多数寄せられるようになったからだ。 旧システムで...(2016/8/30 提供:株式会社大塚商会)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
Watsonに選ばれたIT基盤、導入の決め手となった4つの要件とは?
 データ分析の手法が高度化するに従い、利用されるデータの「多様性」と「量」は大幅に増加してきた。そして、現在ではこの状況がさらに進み、「確実性」と「速度」を加えた4つが分析基盤に求められる要件となりつつある。 実は、近年注目される「IBM Watson」もこの4つ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
1ドルの投資で3.57ドルのコスト削減と生産性向上 新時代の企業間連携の要件とは?
 夜間バッチプロセス、長時間のオンボーディング処理、メンテナンスによる取引先ネットワークの停止など従来手法では、現在の企業間連携の要件を満たすことは不可能となってきている。こうしたリアルタイムのプロセスやアクションを24時間、365日、年中無休で提供するた...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ECユーザーの意思決定をIBM Watsonが可視化――顧客把握のための4つのステップ
 顧客の顔が見えないインターネット上の取引で、顧客を理解し、強い関係を作るためには何をするべきか? 電子商取引(EC)の担当者が常に知恵を絞り続けている問題だが、有効な解決策として「コグニティブ(認識)コンピューティング」が注目されるようになった。 自ら...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IBMが研究開発を進める超低消費電力“脳型デバイス”
 「ウェアラブルの進化を支える最先端技術」と題するセミナーに登壇した日本アイ・ビー・エム(日本IBM) 東京基礎研究所 サイエンス&テクノロジー部長の折井靖光氏。 同氏は、「ウェアラブル機器の鍵となるのは、どれだけ低消費電力のデバイスを作れるかだ」と述べ...(2016/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IT資産の取捨選択:使い慣れたNotesか、クラウドツールか、判断の基準
 テクノロジーは日進月歩であり、IT資産の刷新はよりよい効果を生むケースが多い。日々の業務を支えるグループウェアについても同様で、例えば「IBM Notes/Domino」は、新しい業務に合わない、コストを削減したい、移行提案を受けたという3つのきっかけで刷新することが...(2016/5/13 提供:コムチュア株式会社)

Loading