TechTargetジャパン

製品資料
Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは?
 IBMは「Watson」について、自然言語を理解・学習し人間の意思決定を支援する「コグニティブコンピューティングシステム」と定義している。このコグニティブコンピューティングに欠かせない燃料ともいえるのが膨大なデータだ。そして、このデータの格納場所になるストレ...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Watsonでモバイル管理はどう変わる? IBMが実践するワークプレース改革事例
 日本IBMは、2008年のBlackBerry導入からモバイルワーク環境の構築を開始し、現在では6000台以上のiOSデバイスを従業員に貸与している。これに加えて、従業員の私物端末を業務で活用するBYODも導入しているため、社内で管理すべきデバイスの数は1万を超えるという。 こ...(2017/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

その他
サーバ導入時のトータルコスト、人的コスト含め試算できる無料サービスとは
 サーバの導入や買い換えを検討する際には、運用面も含めたトータルコストを考えなければならない。だが多くの場合、一番に注目されるのがハードウェア購入費だ。そうなりがちな理由は、ソフトウェアや人的コストまで含めたシステム全体の運用管理や保守にかかるコストを...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
iPhoneで社内システムを安全利用、三井物産エレクトロニクスに学ぶモバイル管理
 IoTや産業用組み込みPCなどの事業を展開する三井物産エレクトロニクス。同社は、営業担当者や管理職に「iPhone」と「iPad」を支給し、社外からでもメールやグループウェア、ファイルサーバにアクセスできるようにしている。 そのアクセスを安全に行うために、同社が利...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
レガシー脱却の選択肢と次の一手:成否を分けるポイントとは?
 昨今、レガシーシステムを見直す機運が高まっている。ベテラン技術者の退職や管理されていない仕様書によりシステムのブラックボックス化が進行し、プログラムの保守性や開発生産性の著しい低下など、多くの企業が抱える課題はほぼ共通だ。 しかし、いざ、マイグレーシ...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方
 オブジェクトストレージは、NASのようにデータを階層で管理するのではなく、全てのデータをフラットに扱う。長いパスをたどらなくてもすぐに目的のデータを取り出せるため、大容量データの格納先に適している。既に数々のサービスや製品が展開されており、「150ペタバイ...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
徹底解説:HPCとビッグデータ分析のための「超高速データ処理基盤」の全貌
 優れた性能を発揮するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)クラスタの設計には、あらゆるレイヤーにおいてパフォーマンスに対応したアプローチが必要だ。包括的なデータセントリックな設計である「IBM Power Systems HPCソリューション」は、構成する全てのコン...(2017/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果
 帳票にまつわる課題は企業によって多種多様だ。なかにはメインフレーム系システム基盤を用いているため、帳票出力業務に多くの労力と時間がかかり、専用プリンタや専用用紙の管理コストが負担となっているケースもある。 例えば、「IBM i(AS/400)」などは、長年にわ...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

製品資料
先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由
 新たなイノベーションや機会の創出によってビジネスの変革が目まぐるしく進む状況下で、企業が競争上の優位性を保ちつつビジネス目標を達成するためには、クラウドを活用しつつ、システムのスピードや効率、柔軟性を高めていく必要がある。 クラウド戦略の具体的なアプ...(2017/4/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
SUBARU「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは
 「SUBARU」ブランドの自動車メーカーとしても知られるSUBARU(旧社名:富士重工業)が、1989年から開発を続ける運転支援システム「アイサイト」。世界で初めてといわれる“ステレオカメラのみによる運転支援”を可能としたのが、同社が独自開発したステレオ画像認識技術...(2017/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
人工知能が活用される産業分野はどこか?
 「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」が将来、われわれ人間の仕事(の一部)を奪うのでは? そのように考えたことのある読者も少なくないだろう。 多くのメディアで話題となった囲碁棋士と人工知能との戦いや、自然対話型人工知能「IBM Watson」の商用利用な...(2017/1/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援
 AIや機械学習が本格的な実用段階に入り、さまざまな場面でAIが業務における意思決定を支援し始めている。これは大企業に限った話ではなく、あらゆる規模の企業で利用が拡大している。その背景には、AI導入を阻むコストの壁が取り払われたことがある。 例えば、AIブーム...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

製品資料
AI導入が現実的な選択肢に――ASP・SaaS型Watsonではじめるテキストマイニング
 人工知能「IBM Watson」の登場により、これまで困難とされてきた自然言語解釈技術を活用したテキストマイニングを一般企業でも手軽に行えるようになった。その結果、クレーム、問い合わせ、SNSなどの顧客の声を分析し、傾向把握や課題発掘をする手法が一般的なものとな...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

技術文書
THE BIG BANG 拡大するデジタルデータ、クラウドが変えるレジリエンスとは?
 デジタルユニバースの規模は6兆にまで達する。この数字はわずか3年前、スーパーコンピュータIBM Watsonが、クイズ番組「Jeopardy」で卓越した2人の出場者に勝利した際に必要だったデータの3億7500万倍にもなる。 システム、マーケティングイニシアチブ、お客さまとの対...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
自社の製品保守にIBMの保守サービスインフラ 障害受付・出張・リモート対応、部品供給まで
 IBMは創業当初より、製品販売だけでなく保守まで含めたエンドトゥエンドでの製品価値提供を行ってきた。世界中で稼働しているIBM製品を、今日も世界中のIBM技術員が保守している。 場所によらず均質な保守サービスを提供するIBMの保守サービスインフラを、IBM以外のメ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
事例:メーカー保守切れ対策とコスト削減に「マルチベンダー保守」という選択
 マルチベンダー環境における運用保守の効率化は、多くの企業が抱える課題である。メーカーのサポート終了後の保守や、次のシステム導入までの短期の保守契約延長といった期間上の課題、地方拠点の対応に時間がかかる、深夜の対応ができないといったサービスレベルの均一...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

技術文書
「IBM Watson IoT Platform」で実現するコグニティブコンピューティングの開発とは?
 コグニティブ(認知的)テクノロジー「IBM Watson」でIoTのデータを解析する「IBM Watson IoT Platform」は、機械学習、自然言語処理、テキスト解析、画像および動画の解析という4つのAPIと関連サービスを提供する。コグニティブコンピューティングシステムは膨大なデー...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
自動運転支援に向けた、IoT基盤を活用したコネクティッドカーの取り組み
 さまざまなモノがネットワークにつながるIoTの到来により、10年後には500億から1兆ものデバイスがネットワークに接続すると予測されている。IoTの価値は、「インダストリーの変革」「アプリケーションとソリューション」「プラットフォーム」「デバイスとネットワーク」...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「データを移動させない」処理原理──最新ビッグデータ基盤の採用技術を読み解こう
 企業の成否の鍵は、最適な情報を遅れずに入手し、適切な意思決定を行えるかどうかにある。しかし、不安定な状況下で起こり得るイベントを予測し、トレンドを把握し、最善の方法を選択するためには、数十億件ものデータを正確に分析しなければならない。 そのため、その...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
老舗損保会社が、迅速で効果的な意思決定を実現した「セルフサービス分析」とは?
 160年の歴史を持つ米国の老舗損害保険会社Westfield Insuranceは、保険市場で競争力を維持するために、全てのレベルの従業員が、迅速で効果的な意思決定を行うための情報を自分で得られるようにしたいと考えた。CEOの後押しもあり、同社はBI、分析、データガバナンスを...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
エンタープライズのための「Hadoop」解説
 今日、企業内データは、非構造化データを中心に日々増え続けており、多くの企業でデータを収集・分析し、活用しようという流れが進みつつある。こうして収集・蓄積されたビッグデータを高速に分散処理するためのソフトウェア基盤の定番として「Hadoop」が広く使われはじ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
前年比16倍を超えたサイバー攻撃、2016年上半期のセキュリティ動向と対策
 IBMは全世界10拠点のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で観測したセキュリティ情報をベースに、1日当たり200億件以上のデータをリアルタイムで相関分析している。この中で、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を分析・解説したものが「Tokyo SOC情報...(2016/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading