TechTargetジャパン

技術文書
「HP-UX」から「Red Hat Enterprise Linux」への移行計画ガイド
 利用中のITシステムについて、1社のベンダーに過度に依存する危険をおかしていないだろうか? 経済情勢が不安定さを増し、合併や買収でベンダー集約が広がる中、ユーザー企業からはベンダーによる束縛を懸念する声がかつてなく多く聞かれるようになった。1社のベンダー...(2014/1/15 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Red Hat移行を検討するSolarisユーザー向け戦略的移行ガイド
 オラクルのサン・マイクロシステムズの買収により、ベンダーロックインやコスト高を懸念して他環境への移行を考えるSolarisユーザー企業は少なくないだろう。しかし重要なデータを移行する際には、移行を効率的に進めること、リスクを最小限に抑えることなど重視しなけ...(2012/4/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Java EEアプリケーションを安全かつ簡単に高速化する方法 〜検証から学ぶクラウド時代のスケールアウト戦略〜
 企業システムを担当している人であれば、「パフォーマンスがでない」という問題に直面したことは多いだろう。ー般的にJavaEEアプリケーションサーバの場合、アプリケーションサーバの台数を増やすこと(スケールアウト)で処理性能を向上することができる。しかし、単純...(2013/5/13 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
オープンソースOSで実現する仮想化環境
2007年初頭にリリースされたRed Hat Enterprise Linux 5は、「Xen」をベースとした仮想化機能を新たに搭載した。このホワイトペーパーでは、オープンソースで実現する仮想化システムについて解説する。 Red Hat Enterprise Linux 5では、セキュリティやパフォーマンスに...(2007/5/25 提供:デル株式会社)

レポート
IDCがユーザー企業を徹底調査、Red Hat JBoss EAPの導入効果と課題とは?
 IT部門にとって、決して止まることの許されないミッションクリティカルなアプリケーションの開発、配備、運用の管理と自動化の推進は、悩ましい課題だ。その解決策として注目を集めているのが、エンタープライズアプリケーションプラットフォーム(EAP)の導入である。(2013/12/11 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
PostgreSQLの可用性を高めるHAクラスタ構築を基礎から解説
 ミッションクリティカルなシステムでのサービス停止は、企業にとって大きな損失となるため、障害が発生しても停止時間を最小限に抑えられる高可用性システムの構築が必須となる。 システムの高可用性を実現するアプローチは複数あるが、中でも「共有ディスク型HAシステ...(2008/5/30 提供:レッドハット株式会社)

事例
事例に学ぶ。オープンソースでSOAは可能か?
 アサヒビジネスソリューションズは、アサヒグループ各社の情報システムの企画立案から開発、設計、さらには運用/保守までをトータルサービスとして提供するIT専門企業だ。同社の代表取締役社長 奥木洋一氏は、「より低価格で優れたソフトウェアの重要性が高まる中、オ...(2014/4/8 提供:レッドハット株式会社)

レポート
IDCがRed Hat Enterprise Linuxの投資対効果を徹底調査 Linuxコスト削減効果リポート
 急速に拡大するIT環境をサポートする重要な基盤として、Linuxの活用が注目されている。Linuxは低コストな運用環境として評価されており、アプリケーションやデータベースの配備に利用されている。多くの組織でWebサーバ配備の中核として利用されており、基本的なファイ...(2013/12/11 提供:レッドハット株式会社)

事例
事例に学ぶ。DWHなしでデータベース仮想統合は可能か?
 紀陽銀行を中核とする紀陽フィナンシャルグループで、各種システムの開発/運営を担当する紀陽情報システム。顧客は紀陽銀行だけにとどまらず、地元の自治体や企業、さらには全国の金融機関に対し、IT化支援からITソリューションの提供まで幅広い事業活動を展開している...(2014/4/8 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
実機検証:OpenStackによる社内向け仮想マシンレンタルサービス運用ガイド
 Open Standard Cloud Association(OSCA(tm))は、Red Hat OpenStackによる社内向け仮想マシン(VM)レンタルサービスの運用を実機検証し、その結果をリポートした。 最大で100台程度の仮想マシンを稼働させる社内向けのサービスを想定。VMの一斉作成/起動、一斉削除の...(2014/2/7 提供:デル株式会社)

製品資料
高価なエンタープライズサービスバス(ESB)の代替ソリューションを紹介
 ビジネスを支える情報は、分散しているアプリケーションやシステムにまたがっている。企業内でアプリケーション、データ、デバイス を統合するには、効果的で費用対効果の高いアプローチが必要だ。オープンソースの活用はその有力な解決策となる。  この資料は、オープ...(2014/1/20 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
レッドハットによるTomcatサポートの価値
 2009年6月 レッドハットからApacheとTomcatのサポートがJBoss Enterprise Web Server として開始された。これはJBossの新戦略である「JBoss Open Choice」の一環のソリューショ ンである。これにより、企業システムは、オープンスタンダードなオープンソースソフトウェ...(2009/7/29 提供:レッドハット株式会社)

事例
事業を支える仮想化環境をRed Hat Enterprise Virtualizationに全面移行
株式会社ABC Cooking Studioは、「世界中に笑顔のあふれる食卓を」を企業理念に掲げ、1985年の1号教室のオープンから順調な拡大を図り、現在では全国に123教室を展開、28万人を超える会員を擁するまでになった。同社ではITインフラを強化するため、それまでVMware製品で実...(2013/2/12 提供:デル株式会社)

技術文書
ローリスク・ハイコストダウン可能なLinux移行の基礎知識
 ITテクノロジーの進化に伴い、多くの企業でOSやミドルウェア、データベース、そして基幹業務でもオープンソースを採用するケースが増えてきた。オープンソースは自由で柔軟なソフトウェア開発が可能、ITコストの削減など魅力は多いが、トラブル発生時の迅速な対応に不安...(2014/3/25 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Red Hat NetworkによるLinuxシステムの構築と管理の実際
Red Hat Enterprise Linuxの管理ツールであるRed Hat Networkを実際に生かしてシステムを構築し、管理するためのノウハウが記載されております。このテクニカルホワイトペーパーでは、Red Hat Networkを利用してオープンソース環境の構築と管理を行う企業様へhのベスト・...(2006/8/31 提供:レッドハット株式会社)

謚?陦捺枚譖ク
繧ュ繝」繝ウ繝壹?シ繝ウ繧「繧、繝?繧」繝。繝?繧」繧「繝?繧ケ繝?
繧ュ繝」繝ウ繝壹?シ繝ウ繧「繧、繝?繧」繝。繝?繧」繧「(2010/1/1 提供:繧「繧、繝?繧」繝。繝?繧」繧「繧ュ繝」繝ウ繝壹?シ繝ウ)

製品資料
高価なメッセージ通信ソフトウェア(MQ)の代替ソリューションを紹介
  ビジネスの需要に迅速かつ効率的に対応するためには、企業内に分散しているアプリケーションとデータを統合する必要がある。「Red Hat JBoss A-MQ」は、柔軟性に優れた高パフォーマンスのメッセージングプラットフォームで、信頼性の高い情報の配信とリアルタイムの統...(2014/1/20 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
クラウド時代に適したオープンソースのアプリケーション基盤
 アプリケーションの開発期間の短縮、データ処理時間やパフォーマンスの向上、多様なアプリケーション、データ、デバイスとの統合、ビッグデータの解析・発見・可視化など、現在の企業IT基盤に求められる要件は複雑化している。こうした要件を満たしつつ、シンプルかつリ...(2014/4/8 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
仮想化ロックインからの逃げ道、Red Hat KVM移行の鍵とは?
 2007年ごろから日本では企業のサーバ仮想化統合が一般的となった。今まさにリプレイスの時期で、今年は仮想化環境の見直しや大規模な仮想化製品間の移行プロジェクトなども発生している。 しかし、移行を阻むものもある。それは仮想化製品によるロックインだ。サーバの...(2012/2/27 提供:デル株式会社)

比較資料
Linux TCO比較──標準化、無償と商用の混合、無償のみ、TCOが最も低いのは?
 取得原価(出費ゼロ)で訴求力のある無償のソリューションは、定義上最も保有コストが低いと見なすことは容易だ。しかしこれはITの人件費がゼロの場合に限る。 事実、IDCの調査によるとOSソフトウェアのコストは、全体的な総所有コスト(TCO)分析においては比較的わず...(2014/1/15 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化製品を392項目で徹底比較 - VDI Smackdown! 2013年版
 デスクトップ仮想化ソリューションのニーズの高まりと共に、中立的な評価情報に対するニーズが増大している。本書は、オランダのPQR社が主要VDIベンダーの製品を中立的な立場で徹底比較した技術比較資料「VDI Smackdown」の日本語翻訳版である。VMware ViewやCitrix Xen...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
CloudStackによるクラウド環境構築ガイド──実環境検証済みシステム構成を公開
 クラウド環境構築を実現するオープンソースソフトウェア(OSS)の登場により、これまでの商用ソフトウェアによるクラウド環境からOSSを活用してクラウドシステムを構築する事例が増えてきた。しかしながら、オープンソースのIaaSクラウドソフトウェア「CloudStack」はま...(2013/11/15 提供:デル株式会社)

レポート
見逃せないOSS/オープン技術の活用。これからのIT基盤構築への3つのステップ
 1990年代後半からオープン技術に注目、80以上のOSSプロジェクトに参画し、Red Hat社に次ぎKVMやOpenStackに貢献するなどコミュニティ活動をリードし続けてきたIBM。同社は、オープン・コンピューティングのメリットを、「選択肢」「柔軟性」「迅速性」「俊敏性」「ナレ...(2014/1/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
データセンターのLinux導入でコスト削減推進
 データセンターへのLinux導入によるコスト削減に関心を寄せるIT担当者は多い。だが、ビジネスクリティカルなアプリケーションを無料のソフトウェアに委ねることに懸念をいだく企業もあるのが現状だ。 本項では、シマンテックのLinuxソリューションの導入事例を、課題...(2013/12/19 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
Linux基盤はそのまま、ITインフラの保守コストを今以上に削減する方法
 アーキテクチャの成熟や実績の蓄積を受けて、ITシステムを高価なUNIXプラットフォームからオープンソースに切り替える企業も珍しくない。オープンソース採用により、IT予算の有効な活用と柔軟なIT開発が可能になったが、万一のトラブルの際に、迅速な対応ができるかどう...(2014/3/25 提供:日本オラクル株式会社)

事例
NASAラングレー研究所の20万件を超える文書のスムーズな移行を可能にしたECMとは
 NASA最古の研究機関であるNASAラングレー研究所は、米国防総省や企業から年間数百件に及ぶ依頼を受け、航空、航空音響などの試験研究を行っている。これらの研究は、エンジニア、研究者、技術者、マネージャー、クライアントで構成されたチームで行い、共同で試験結果の...(2014/3/6 提供:アルフレスコ・ジャパン株式会社)

製品資料
「ITコストの7割が運用管理費」の現状を打破するためのブレードサーバの進化
 クラウドやビッグデータ、ソーシャルネットワーク、モバイルデバイスなど次々と登場してくる新たなテクノロジーを取り込み、ビジネスに活用していく努力は、企業競争力の強化には不可欠だ。しかし、企業活動の基盤であるIT環境はなかなか変われずにいる。ITコストの7割...(2014/2/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
富士通のIaaS型クラウド環境でHAクラスタシステム構築
 ホスティング型プライベートクラウドは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの特長を併せ持ち、セキュリティ面からパブリッククラウドの利用が難しかった企業も、安心して利用できる利点がある。少ない初期投資と短時間での構築が行えるため、早急なBCP/DC対策...(2014/3/10 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
サーバ仮想化に関する読者調査結果リポート(2013年6月)
 TechTargetジャパンは2013年6月3日〜7月1日、サーバ仮想化に関する読者アンケートを実施した。サーバ仮想化製品/ソリューション導入に期待することや、仮想環境に特化したセキュリティ製品の導入状況などをまとめている。●調査概要目的:TechTargetジャパン会員のサー...(2013/7/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビッグデータ管理、PureData System for Transactions選択の理由は「4つのS」
 ビジネスで活用するデータの量が増え続け、データ生成の高速化とデータの多様化が進む今日、社内のIT部門は、このビッグデータの「3つのV(Volume、Velocity、Variety)」に対応し、迅速にデータを収集、データから価値を引き出すことでが求められている。だが、データ...(2014/2/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading