TechTargetジャパン

技術文書
テレビゲーム開発・モバイルゲーム開発でオープンソース ソフトウェア(OSS)が重要なわけ
「ゲーム業界の急速な発展に、OSSが欠かせない役割を果たした」とリチャード・D/シャンク氏が、Gamedev.net「Open Source and Gaming Industry」で述べている。また、ガードナー社によれば、テレビゲームのグローバル市場は、 2015 年には 1100 億米ドル規模に達する勢い...(2014/7/22 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
競争価値を生み出すオープンソースソフトウェア(OSS)利用のリスク管理とは?
 OSSは、既に広く周知、報告されているコスト、スケジュール、フィーチャと言ったソフトウェアの「鉄の三角形」に対する特効薬と言われている。一方で、企業にとっては重大なリスクもある。 コンプライアンスを保証し、エクスポージャを削減す適切な統制とプロセスなし...(2014/3/3 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
オープンソース活用における時間短縮・開発コスト削減にかかせない、オープンソースのライフサイクル5段階とは?
 開発部門内、自社内、外部調達したソフトウェエアも含んだ、ソフトウェア開発におけるOSSの使用法を効果的にコントロールするためには、取り組むべきオープンソースのライフサイクル5段階がある。OSS管理ライフサイクル各ステージでの適切なコントロールによる、これま...(2013/12/24 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

製品資料
次世代アプリの開発環境、オープンソース向けIT基盤を選ぶべき理由とは?
 今日では、オープンソースを軸とした新規プロジェクトは、開発に参加する個人、商業ベンダー、サービスプロバイダー、エンドユーザー企業などの取り組みや協力により、すぐに立ち上げることができるようになった。また、その開発基盤の信頼性も確立されてきており、マイ...(2016/8/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略 (EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
企業内弁護士が苦手とするOSS――法的リスクは誰がどのように抑えるのか?
 開発現場におけるオープンソースソフトウェア(OSS)の利用が急速に進んだことで、OSSの使用規模と範囲を把握できないまま開発が進むケースが見られるようになった。GPL(General Public License)などへの違反があっても誰も気が付かないような状況が、企業にとって大...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまでMicrosoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比べ...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

事例
オープンソースDBが医療ITで選ばれる理由――なぜ商用DBではいけないのか?
 かつては、企業が競争力向上のために、業務の中核となるデータベース(DB)へ十分な投資を行うことは当然と考えられていた。しかし、近年は商用DBのリスクが認識されるようになり、医療分野などでオープンソースDBへの移行が進みつつある。 その理由の1つが、商用DBに...(2016/5/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク
 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガート...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 次世代オープンソースビッグデータツール
 ビッグデータの世界にも、既に世代交代の波が押し寄せている。先進企業は新しいツールを導入して分析の高速化や高度化を実現し、さらに先へと進んでいる。これまでの定番ツールを置き換える新世代のツールとは? 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・MapReduce...(2016/2/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」の機能まとめ
 人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみた」をお届けする。 ユーザー登録不要の無償CAD「FreeCAD」はモデリング以外の機能も盛...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
OpenStackとKVMによるオープンソースクラウド環境に求められるセキュリティ対策
 Linux Kernel自体をハイパーバイザーとする仕組み「KVM(カーネルベース仮想マシン)」は、クラウド環境を導入するためにサービスプロバイダーとユーザー企業の両者が一様に使用している主要なオープンソースハイパーバイザーである。 KVMをOpenStackと連動させると...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

事例
大規模WebサービスをAWSで安定稼働させる「OSSベースのロードバランサ」
 B2B・B2Cを問わず、Webを利用したリッチコンテンツの提供が急増しているなか、フロントエンドのサーバにかかる負荷は日々増加している。こうしたWebサービスの構築では、高速で安定性があり、コンテンツキャッシングやロードバランシング能力の高いロードバランサを利用...(2015/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
基幹システムの刷新にOSS RDBMSを採用、80%のコスト削減と安定性向上に成功
 オープン化された基幹システムの刷新では、ライフサイクル管理の徹底と関連コストの削減が大きな目標とされる。ハードウェアのリプレースによってミドルウェアやアプリケーションでも大幅な変更は避けられないので、ハードとソフトの両面でライフサイクル管理を徹底でき...(2015/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
構築ガイド:コンテナ型仮想化環境でオープンソースSDSを利用する
 オープンソースソフトウェアを使ったSDS(Software-Defined Storage)により、コストを抑えつつ、大量のデータ管理を柔軟に行うことができるのがRed HatのRHGS(Red Hat Gluster Storage)である。DockerはLinux上で独立した別のLinuxを起動できる、コンテナ型仮想化ソ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
解析の大規模化はクラウドやオープンソースで乗り切れるのか?
 今や製造業においてCADやCAEといったデジタルツールはすっかり身近な存在となった。企業自身でHPCと解析部門を備えていたり、設計現場でもCAEが積極的に使われるようになったりと、CAE活用が進んだ今もなお、受託解析ビジネスのニーズは相変わらず大きいという。 例え...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オープンソース解析ツールって本当に使えるの?
 流体解析ツールといえば有名ベンダーが提供する高価なものというイメージを持つ読者は多いだろう。しかし、オープンソースベースで開発されてきた解析ソフトの性能はかなり向上し、国内外の企業の研究部門などを中心にユーザーも増えているという。 オープンソースの流...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまで米Microsoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比...(2015/9/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2015/7/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
大規模な並列流体解析をオープンソースとクラウドで実現するメリットとは?
 研究機関や企業の研究開発部門を中心に、オープンソースの流体解析ツールの利用が進んでいる。 ベンダー製ツールと違い、本体にはライセンス料がかからないため大規模PCクラスタによる並列計算でもコストが抑えられる利点がある。このことは、必要なときに必要なだけす...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ソフトウェア開発担当者必見、オープンソースのセキュリティ管理を強化する方法
 ソフトウェア開発の現場では、オープンソースの利用が一般的だ。オープンソース利用のメリットは、開発コストの削減や、開発スピードの向上などが挙げられる。一方で、ライセンス違反による第三者の権利侵害や、セキュリティ上の脆弱性が含まれる可能性などのリスクがあ...(2015/3/23 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

事例
航空通信企業がOSSライセンス条件やセキュリティ脆弱性を一元管理できた理由
 航空会社、空港などに業務ソリューションを提供するグローバルカンパニー、SITA。同社はソフトウェアコードベースの知的財産管理を行うに当たり、自社開発のソフトウェアに、どんなオープンソースソフトウェア(OSS)がどの程度含まれ、各OSSコンポーネントのライセンス...(2015/3/23 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

比較資料
OSS監視ツール一覧表
 本コンテンツでは、2015年1月現在で提供されている6つの主要なオープンソースソフトウェア(OSS)ベースの運用監視ツールを取り上げ、その機能や特徴を一覧表にまとめている。なお、この一覧表を基にした解説記事は以下をご確認いただきたい。解説記事:【徹底比較】商...(2015/1/23 提供:アイティメディア株式会社)

事例
英大手銀行のオムニチャネル対応を支えたオープンソースの実力
 今日、あらゆる業界がオムニチャネルへの対応を迫られており、銀行や金融サービスも例外ではない。あらゆる業務でミッションクリティカルなソフトウェアを運用する銀行では、多くの技術プラットフォームで一貫してリスク管理されたシームレスなサービスを提供するのは困...(2014/11/10 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
金融サービスに不可欠なオープンソースガバナンス
 2008年の金融危機はグローバルな金融サービスに規制の強化と消費者の信頼低下という大きな影響をもたらした。リスク管理に重点が置かれる一方で、ITには効率化やコスト削減が求められるようになった。金融サービスのIT運用には、透明性、保護と弾力性、スピードとアクセ...(2014/10/29 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

Loading